« 令和初☆太鼓×篠笛Duo | Main | アメリカからプライベートWS »

2019.07.23

エンディングノート大人買い

Endnote

 

30年くらい前から書こう書こうと
思っていたエンディングノート。

当時は、そんなノートや
終活なんて言葉もなかったように
思いますが。

この度、やっと書き始めました。

 

書く目的は、残された人が
私のあれこれの始末に
困らないため。

でも、書いていると
なんか断捨離をしているときの
スッキリ感というか
清々しい気分になりますね。

 

死に対するイメージは
死んだことのない人達で
作り上げたもの。

リアルな死を体験したときは
生きてないわけで。
(臨死体験は、死とは違いますしね。)

 
つまり、未経験者の情報による、
固定観念かと。


まさに、この固定観念の
断捨離でもしているかの
ような。。。



葬儀は、人生最後の
セレモニーである「祭り」。
 


形式は?
誰呼ぶ?
遺骨は?
墓は?

 

そんなことを通して
命を繋いでくれた
先祖のこと、


今生で関わってくれた
方々のことなど、


いろいろなことを考える
きっかけになります。

そして、ちょっぴりリアルに
死を考えると
 
生きることへの情熱が
湧いてくるから
不思議です。



これまで、肉親の死や葬儀には
ツアー中のため一度も
関われず、親族に任せっきり。

だからというわけではないけれど、
自分が主役(?)のときは、
残された人に余計な労力を
使わせたくない。

「祭り」を味わう余裕を
持ってほしい。



エンディングノートは、
ついでに家族の分を合わせて
5冊、大人買いしました。
 

皆さんもまだの方は、ご一緒に
書き始めてみてはいかがでしょう♪


ところで、竜太郎の遺品となる物で
一番の難題は、、、
 

やはり
太鼓をどうするか?
ですね〜。

 

|

« 令和初☆太鼓×篠笛Duo | Main | アメリカからプライベートWS »

Comments

僕の葬式は美穂に司会をしてもらい、教会でお願いします。 なんちゃってクリスチャンだけど、最後は自分の選んだ死に方がしたい と 妻と娘には伝えています

Posted by: かずまさ | 2019.08.19 01:15 AM

>かずまささん
自分の死に方を決めて、家族に伝えるのって大事ですね。
それをメモ書きでもいいから直筆で残しておくことをお勧めします。
奥様や娘さんが、かずまささんの親兄弟などに説明するときの
助けになります。他界した私の父がそのようにしていて、
母が「それがあってよかった」と言ってましたので。

Posted by: ryu-chang | 2019.09.10 07:49 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 令和初☆太鼓×篠笛Duo | Main | アメリカからプライベートWS »