« August 2017 | Main

2017.09.10

2017年10月22日 担ぎ桶太鼓WS@和歌山県御坊市

恒例となっている 年に1度 の

和歌山県御坊市

でのワークショップ。

今年は

担ぎ桶太鼓!!


T

 




担ぎ桶太鼓って 

様(サマ) になっていると

カッコイイですが、

それには なかなか時間が

かかるものです。


どんなに速く複雑なリズムを

叩けても

サマになっていなければ

残念ですよね。 coldsweats02 down




今回のワークは ズバリ

サマになるための基礎ワーク

と言えるでしょう flairshine

20171022ws_4




なかなか サマにならない原因は

いくつかありますが

その一番大きなことは、



担ぐことで不安定になる太鼓と

バランスしにくい

ということ。



そのため 太鼓とカラダの

収まりの良い位置関係が

なかなか見つけられず

姿勢が崩れたままに

なってしまうのです。





また、創作曲では

軽快でスピード感ある

表現を求められることが多く、

テンポが速く、複雑なリズムになること

もしばしば。


そうすると 腕が縮こまり がちに

なります。



縮こまらないように

ただ大きく動かしても

力ずくにならざるを得ないので

動きは硬く、音も抜けません。

 

そんな腕のまま 両面高速打ち 

をすれば、カラダは大きくブレるはず。

そこでブレないために 

足を左右に大きく開き

対処しますが

同時にカラダを固めて

しまい重心がますます

上がってしまうことが

よくあります。



力み と パワー は違います。


また

パワー と パワー感 は

必ずしも一致しません。



つまり パワー感を表現する手段は

力み とは限らない。



ゆるみを使って

 

「パワー感」は表現できるのです。


Kiai




力み 縮み 不安定

から

ゆるみ のびのび 安定感


へ。




言い換えれば

ココロ も カラダ も


収縮 から 解放 へ


ということですね。





ワークで使用する

練習曲は

シンプルでノリが良く

反復される短いフレーズに

担ぎ桶太鼓の基礎を網羅

させています。


竜太郎と一緒に

楽しく演奏しながら

体験した

サマになるヒント

を 是非

お持ち帰り下さい!



お待ちしています〜♪

20171022ws_3

| | Comments (0)

« August 2017 | Main