« Maya’s new album | Main

2017.06.07

いのちの調律のとき

先日5月27日、28日にわたって開催された

「ライフチューン セレブレーション2017

                                   いのちの調律のとき」

に出演してきました。





このイベントの中核にあるのは

ホワイトライオンのメッセージ。



それは宇宙的な視点から

地球における

人類の在り方を問う

壮大なものです。

〜   〜   〜   〜

メイン会場では

第一線で真実を探求し

活動しておられる方々の

講演、演奏、ダンス。



ほかの施設では展示会や映画上映。

そして広い敷地のあちこちには

オーガニックな飲食、

クラフトなどのオープンマーケット。


広い敷地のエントランスを抜けるとある噴水




日が落ちてからのファイアーセレモニーでは

700名が大きな炎を取り囲む中、

火花を受けながら僕も太鼓を叩き、

ダンサーが舞い、皆もおどり。。。




縄文時代の祭りを思わせるような

幻想的でプリミティヴなひととき。



たくさんのオーブが集まっていたそうです。



そのまま CE-5コンタクト なる

地球外生命体とのコンタクト。

いわゆるUFOを呼ぶイベントです。

明らかに飛行機ではない、

星や人工衛星でもない、

発光して移動する物体が

小さいながらも次々と現れました。


* * *




今回演奏で初めて

ご一緒させていただいた方々が

多数おられました。




中でも舞踏家の魂宮時(たくじ)さんとは、

宿が同室で、お互いのカラダの在り方に

まつわるお話をしたこともあってか

ぶっつけ即興でも、意と気の流れが

合わさっていました。




2日目のオープニングでは、

ベリーダンスと

尺八との3者コラボ。



この不思議な組み合わせも

当日決まって軽く合わせを

した、ほぼ即興。



即興でダンスとやるのは

久しぶり。

これは昔から好きなスタイルです。






ベリーダンスとは

初めてだったけれど

これは女性の踊りですね。





ダンサーのナシャールの

動きとエネルギーの流れに

融合していきながら

「これは子宮と地球を繋げるダンスだな〜」


と、嬉しくなりました。




女性が本来の女性性に繋がり

解放していくことは、

これからの時代に、

そして男性にとっても

ますます大切なこと

になるでしょう。


* * *






2日間とも出演する会場に

ほぼ張り付きで、

オープンマーケットや

映画上映、

展示会には行けず残念でしたが、



相当に濃い時間でした。





愛に基づいた 強い心

“ライオンハート”

を目覚めさせるような



力強いメッセージを



受け取りました。

* * *

▽書籍「聖なるホワイトライオン」

↑美しいですね〜







アフリカのシャーマンが門外不出で



受け継いだ

ホワイトライオンのメッセージを



命をかけて掟を破ってまで公開した



クレド・ムトワ氏。



彼の話しを軸とした、

ホワイトライオンの守護を継承した



リンダ・タッカー氏の

ドキュメンタリー本です。







長いですが、話しが進むにつれ

どんどん

引き込まれて、

ワクワクして読み切ってしまいました。




ご興味ある方は是非 !!



おまけ画像。噴水の女神様のお美しい後姿。

|

« Maya’s new album | Main

Comments

竜太郎さん、お久し振りです。メグです。
最近、竜太郎さんとお会い出来ていないな、
竜太郎さんは音浴サロンかイベントか何か
出演されるご予定はあるのかな、と
ホームページを拝見したら、
このホワイトライオンのイベントを知り、
興味を持ち、そちらのホームページを見たら
すでにチケット完売していたので、
残念でした…
久し振りに竜太郎さんや聖子さんに
お会いして音浴ヒーリングも
受けに行きたいです(*´-`)

Posted by: メグ | 2017.06.07 at 09:24 PM

>めぐさん、ホワイトライオンのイベントは、応募殺到でキャンセル待ち対応だったとか。8月にはまた東京でフラメンコとやります。音浴サウンドヒーリングもだいぶ進化してますので、ちょっと遠いですが、ご都合よろしければ是非お越し下さい♪

Posted by: りゅうたろう◇ | 2017.06.08 at 11:11 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« Maya’s new album | Main