« さよならありがとう | Main | 響和祭7 »

2015.04.30

ゆるみ打法ができるまで_1

「たいころじい」 に 寄稿した

コラム(第35巻〜42巻) 。



そこでは 文字にしきれなかったこと や 

こぼれ話  裏話 など

ブログに 書こうかと 思います。


実は 

第35巻 チャッパ竜太郎奏法の真実  の分 を

アップしたまま 

棚上げ状態だったので m(_ _)m

その続き です (^_^;)



〜 〜 〜 〜 〜


たいころじい 第36巻
竜太郎メソッド〜ゆるみ打法〜

第一話  ゆるみ打法ができるまで







鼓童研修生時代から力強さを求めて

ランニング〜筋トレ〜叩きまくる 〜中略〜

根性系トレーニングに明け暮れていました。

(本文より)

 

「○人の星」 や 「あ○たのジョー」 などに 

代表される

“スポ根”世代 ど真ん中 

で育った私。



何かを 成し遂げるのに 

ガンバル コンジョウ ドリョク  

という 方程式 を 唯一 最上 と

評価している時代・・・

だったように思います。

いや、ドリョク コンジョウ が 

間違っている と

言いたいのではありませんよ。


むしろ その効果 や 重要性 そして

美しさ が あると思います。




ただ  その意味、 

あるいは 方程式の 使うべき 方向性を

勘違い していた というような

気がするのです。



typhoon  typhoon  typhoon


さて、佐渡に渡り 経験のない 和太鼓を 

習得する場合にも

やはり この方程式しか 思いつきません。




トレーニング といえば 筋トレ!

学生時代にやっていた 実践空手 の 

知識しか なかった 私は 

鼓童研修所でも

ガンガン に やりまくっておりました。




 

全体稽古以外のときに

最大で

ジャンピング・スクワット 1000回 

腕立て伏せ 500回 

3本指立て伏せ 100回

2本指立て伏せ 50回

腹筋 500回

、、、とか 個人で やっていたことも。

今やったら 入院 しますよ(笑)。







一方で この方程式に対して

正式メンバーに なったころから

漠然とした 違和感 を

感じ始めたのです。


それは 方程式のもつ 雰囲気というか

向かう方向性というか、、、

そういう 色あいと


実際の 自分の ココロで 

感じていることとの 

ズレ 

から起きていました。

その自分の ココロ とは、、、



次回に つづく club

|

« さよならありがとう | Main | 響和祭7 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« さよならありがとう | Main | 響和祭7 »