« January 2013 | Main | March 2013 »

2013.02.13

Good Beat Good Life.

あの「道成寺」にほど近い

和歌山県御坊市でのワーク。


9回目となる今回のテーマは

ノリ と ビート。



通常そういったものは

口で説明できないものとして

個人のセンスで「体得」されるに

任されがちです。

あるいはアクセントの置き方や

メトロノームの使用など

で実現を試みたり。。。



しかし竜太郎的アプローチは

たたかない部分に重きをおくワーク。



それによって

1種類に限定したノリ

ではありますが、

わずか5時間で

たたけるようになるわけです。




長年世界中の民族音楽に触れて、

身体言語ともいうべき身体の在り方

から「ノリ」をみたときの研究も活かされます。


ノリについて、


自然界の観察
を含めた 理論解説 による

マインド・ワーク



それをカラダで表現できるようにするための

“ゆるみ” と動作 による

ボディー・ワーク。




カラダが思いのとおりに動きやすくするための

イメージ・ワーク。。。


それらを織り込みつつ

場をつくっていきます。


どんなに素晴らしい理論だったとしても

自分のカラダが

自然、、、と感じられなければ

ノリは出ません。



自然な状態の感覚とは

「快」

です。




自然か否かを頭で判断するのでなく

自分のカラダが「快」と言っている

ポイントを観察しながら進めます。



すると

なんとも心地よいグルーヴが!!


こうなるともう

ずぅ〜〜〜〜っと

たたいていたくなります。



ワークショップとしては

ここまでで充分でしょう。



でも

「なぜたたくのか」

というココロの動機

打ち手全員で共有されていると

音がますます生きてくるのです。



実はこれまで8回の御坊のワーク皆勤だった

M君が、ご自身の結婚式の翌日だったため

さすがに欠席されました。

しかし、御坊に移動中の私に

主催者さんからメールが入り

「M君が打ち上げに奥さんと来ることになったけれど

なにかサプライズできませんか。」

と。

そんな人生のハレのときにお二人で

いらしてくださるとは大感激!


ワークでやったように

リズムを僕が指揮して組み立て、

即興で曲仕立てに。

もちろんその中で

僕もたたきまくりました(^^)

Iwaitaiko1
途中から平胴大太鼓を出してきて
お二人にも参加していただきました。


「祝福」という動機を皆がリアルに

共有できたことで、

ノリ ビート

本当に生き生きとして

その場が シアワセエナジー

いっぱいになりました。


Iwaitaiko_2
新郎新婦の共同作業!?
シアワセエナジー炸裂〜


これはワークだけではつくれません。



M君へのサプライズでしたが

参加者さんにとっても、僕自身にとっても

素晴らしい贈り物をM君ご夫妻から

いただいたこととなりました。


 

///  ///  ///


実はワーク前日、訳あって背中が痛んで

腕や首が少ししか動かせませんでした。

セルフヒーリングなどで当日の朝は

だいぶよくなったものの

太鼓たたくのは危険かな、、、という

感じだったのです。


しかし、いざ太鼓をたたいたら

みるみる良くなって

普通にたたきまくっていました。


まさに今回のワークの

スローガンとしていた

“Good Beat Good Life



皆さんの、自然と調和した

よいビートとグルーヴを体感して

僕の命も充電されたのでした。

皆さん

ありがとう〜

| | Comments (2)

2013.02.09

チャッパ竜太郎奏法の真実 4

技術と同時に重要なのがニュアンス。それは
口唱歌と直結しています。〜(中略〜)地域や国の
違いが反映たれた方が面白いし芸能として健全。

 

〜たいころじい第35巻 本文より〜

三味線なら

チントンシャン。

太鼓でいうなら

どんどこどん。

チャッパでいえば、、、???

竜太郎奏法では、各テクニックから

生み出される音に対して、一つ一つ

口唱歌を対応させています。


楽譜というものは、いわば2次元の設計図

だとすると、口唱歌は立体模型のような

イメージでしょうか。

そのメリットは、なによりも

「ニュアンス」をあらわしてくれることに

あると思います。

そして口唱歌は、身体の動きに、

身体に動きは音に反映して

ニュアンスを生みます。

つまり口唱歌がいいニュアンスに

なってくると、演奏にもニュアンスが

出てくるわけです。

面白いですね〜

さて、竜太郎奏法でお伝えしている

口唱歌ですが、こ実はこれも

前回の記事に書いた楽器の部位の

名称と同様、「型」です。


ですからとりあえずの参考としておいて

自分の耳に聞こえてくる通りに

そのまま口唱歌にしてもらいたいです。


それが方言のように味になるだろうし。


アメリカ、アジア、ヨーロッパ、

アフリカやイヌイットの

チャッパ打ちが同じリズムをそれぞれの

口唱歌で歌ってみるのも楽しいですね。

妄想 〜  *・゜゚・*:.。..。.:*・゜(n‘∀‘)η゚・*:.。..。.:*・゜゚・*





思いのほかいろんな表情が出るので
楽しいものです。

 

〜たいころじい 第35巻 本文より〜


皮物の太鼓と金物のチャッパの

相性は抜群!

大人数の太鼓アンサンブルであっても


一人のチャッパ打ちが

曲を大きく左右

させることが出来ます。


良いも悪いもですが。。。


一見伴奏楽器のようでも

内実は全体を仕切れる

とても面白い楽器ですよ(^^)


そんな太鼓とのコンビネーション

についてのワークショップも

いずれやってみたいと

考えています。


“たいころじい”のコラムからの

チャッパのお話はこれで終わりです。

ご興味ある方は是非“たいころじい”を

ご一読してみてくださいね。

35_2
http://www.asano.jp/books/2010/02/35.php


●チャッパ竜太郎奏法のワーク

   ・お問い合わせ
       http://ryu-beat.com/workshop/contact 

  ・定期講座 (太鼓の里 響和館)
      http://www.asano.jp/kyouwakan/class/#chappa

●関連記事

      チャッパ竜太郎奏法の真実 1 
       チャッパ竜太郎奏法の真実 2

      チャッパ竜太郎奏法の真実 3

| | Comments (0)

2013.02.07

ゆるみ打法の紹介動画



ゆるみ打法の初歩のワークを

ダイジェストで動画にしました。



通常のリラックス系ワークは

リラックスしやすいように

外部刺激や負荷を極力なくします。


もちろんゆるみ打法でも

そのプロセスは必須ですが

結局「たたく」という

強烈な刺激と負荷のかかる

状況に戻らざるを得ません。


しかし考えてみれば

誰の日常生活でも

刺激と負荷(ストレス)が絶え間なく

続いているのではないかと思います。

リラックスタイムでリフレッシュして

「またがんばるぞ!!」もいいですが

ゆるみ打法は、ストレスの中でこそ

ゆるみを実践します。

その辺のことは、「たいころじい」の記事に

関するコーナーで

今書いているチャッパのことが

終わったら、書きますね。



ちなみに動画のBGMに使用しているのは

feizです(^^)


まずは是非動画をご覧下さい♪

| | Comments (0)

2013.02.02

チャッパ竜太郎奏法の真実 3

(竜太郎奏法の教則)DVDでは、チャッパの部位の
名称を公開しています。〜中略〜これを
知っていると格段に理解が深まりますよ。


〜“たいころじい 第35巻” 本文より〜
http://www.asano.jp/books/2010/02/35.php


、、、と言っておいてなんですが、

結果的には部位の名称など


忘れて演奏すべき
です。

では何故わざわざ名称をつけたのか。。。

名称をつけることの意味は

その部位をハッキリと認識することにあります。


太鼓と違ってチャッパは、当たっている部分を

自分で見ることは難しいです。

だから楽器をあてる部位(ヒットポイント)が

不安定になりがち。


それは即、音も不安定になる

ということなのです。

↑↑↑
DVDではこんな感じでご紹介しています〜


「技術」というのは、安定した再現性あってこそ

ですから、チャッパにおける技術体系と

部位の名称は、大変重要な

相関関係にあるのです。


その上で、実際はすっかり忘れて

演奏することで

「表現」になると思っています。


いわば「型」ということです。

型は外すために付けるもの

ですからね(^^)


つづく club

| | Comments (0)

2013.02.01

音の風紋

note コンサートのお知らせ note


和太鼓+篠笛+ピアノ+津軽三味線

の 風

Photo



~公演詳細~

■コンサート 『音の風紋』

■日時:2013年6/29(土)開場 17:30 開演18:00

■場所:池田市民文化会館 アゼリアホール(大ホール)

■入場料(税込み)《全席指定》

 【前売】一般 3,000円 【高校生以下】1,500円
 【当日】一般 3,500円 【高校生以下】2,000円 

■主催:蓮風RENPUコンサート実行委員会

■後援:(株)浅野太鼓楽器店 豊中市教育委員会(株)山口技研
 

■会場

 住所:〒563-0031 池田市天神1-7-1  
 TEL:072-761-8811
 交通:阪急 宝塚線「石橋」西口 徒歩8分 
     駐車場:あり (無料 約70台)


■出演者:狩野泰一 金子竜太郎 宮本貴奈  
       村下正幸 友岡宣仁 佐伯篤宣

■チケット販売・お問合せ・購入方法

 【お電話の場合】

  蓮風事務局 070-5260-6683まで。

 【E-mailの場合】

  氏名・郵便番号・住所・電話番号
  必要チケット枚数を明記の上

renpu@live.jpまでお送り下さい。

  必要事項ご返信致します。

万一、2日以上こちらから返信がない場合、
お手数ですが070-5260-6683まで確認のお電話を下さい。

 
■お振込み金融機関

 ●ゆうちょ銀行

  ・郵便局同士の場合

    記号14160 番号77302341

  ・他金融機関からの場合

   【店名】四一八(読み ヨンイチハチ)【店番】418
   【預金種目】普通預金【口座番号】7730234
   【名義】蓮風コンサート実行委員会
 
 ●東京三菱UFJ銀行
   【店名】豊中支店【店番】593 
   【預金種目】普通預金【口座番号】3147116
   【名義】蓮風コンサート実行委員会

| | Comments (0)

« January 2013 | Main | March 2013 »