« December 2012 | Main | February 2013 »

2013.01.25

チャッパ竜太郎奏法の真実 2

チャッパの演奏技術が増えていくと、

技術に対応できる楽器の必要性を

感じるようになり

開発に乗り出しました。



いろいろリサーチをする過程で、日本の
金属楽器の行く末を憂いてしまいましたが、
尚のこと


「造らねば!」

との思いを強くしたのです。 

〜“たいころじい 第35巻”本文より
http://www.asano.jp/books/2010/02/35.php



音色
はもちろん、耐久性 操作性

重要課題でした。



まずは素材選び。



チャッパの素材は真鍮です。



トランペットなどの金管楽器も同じ真鍮製ですが

管楽器よりも打楽器の方が、真鍮の質が大きく

音に影響するのかもしれません。



真鍮は、銅と亜鉛の合金。

その割合が音色と耐久性をほとんど

決定づけるので

ベストな混合比を探しました。




次は形状。




金属同士をぶつけ合って音を出すことから

傷みの進行は著しいものがあります。


負荷のかかるところを補強し、なおかつ響きに

影響ないようにすること。


そしてより澄んだ音が持続するための

エッジにかけての厚みのテーパーを研究。



音量に影響する接触面積


音色を左右するカップ部分やエッジの角度

などなど。。。。


それらの調和を可能にしたのが、今や大変貴重な

へら絞り職人さんのワザ。


プレス加工で押し曲げたものとはひと味違います。



最後に操作性


当時販売されていたチャッパは、安定した操作性を

実現させるためなのか、本体と取っ手を

しっかり固定する傾向がありました。



また、本体と取っ手を接続する部分に

必ず装飾部品がありました。



しかし、装飾部品を省き、あらゆる方向に自由に動く

「遊び」を持たせる接続にして、

安定性が必要なときは、手のコントロールを

用いることで、竜太郎奏法に最適化したのです。




なぜなら要求される安定度は

技術ごとに様々だからです。

完全なブラブラ状態から、瞬時にカッチリと

固定することもできるし、なにより安定度の

無段階調節ができるからのです。



指を通してもつ「カン」と
本体と接続する「割ピン」についての
ウンチクは割愛して、

次回に、、、、

つづくclub

| | Comments (0)

2013.01.24

チャッパ竜太郎奏法の真実 1

チャッパ竜太郎奏法の教則DVDが

リリースするタイミングで

たいころじい の 初コラム。

「チャッパ竜太郎奏法の真実」

と題して、DVDの内容やそこでは語りきれなかった

この奏法の 成り立ちや想い

綴っています。

35_2

たいころじい 第35巻


「1987年の年明け間もなく、研修生として参加した
鼓童の欧米ツアー。旅の合間、手元にあったチャッパで
遊んでいたのが全ての始まり。〜(中略)〜翌88年、
概ね完成したのでした。」
〜本文より




伝統的には伴奏楽器だったチャッパを

さまざまなシーンに融合させ、ソロ演奏にまで

昇華させたのは、いつからどのようになされたのか。

始まりと展開、そして体系化への流れを書きました。



思えば研修生としてのツアー中に

正式メンバーになり

帰国するころには8割できていて、

翌年には完成 shineshine

していたのですね〜。

鼓童在籍中には体系化していることすら

明かしていない(別に隠していたわけでは

ありませんよ)にもかかわらず、鼓童のメンバーや、

他のグループ、さらには海外でも

鼓童のライブやビデオなどからこの奏法を

模倣して下さる方が沢山でてきたのには

目を見張りました  w(゚o゚)w


またご指導される方も出てきていたのには

驚きです。


自分は一つのテクニックを技術として安定させるのに

文字通り血を滲ませながら(^_^;) 相当な時間が

かかっていたので、見よう見まねで

演奏できるのは、すごいなぁ〜と感心しています(^_^;)



つづく club

チャッパ竜太郎奏法の真実 2

| | Comments (2)

2013.01.22

たいころじい

“太鼓と人間の研究情報誌”

たいころじい

http://www.asano.jp/books/taikorojii/

太鼓を中心として文化や芸能について、

日本各地の調査や様々な分野の専門家への

インタビューなどで、大変読み応えのある

情報誌です。

僕のコラムはNo.35からはじまり連載中。


最初はチャッパのオリジナルの演奏技術

「チャッパ竜太郎奏法」

自らデザインしたチャッパについて。



次からは他に類をみない太鼓奏法

「ゆるみ打法」について連載しています。



今後それぞれの内容の「さわり」

ご紹介していきたいと思いますので

どうぞお楽しみに♪

No.35 チャッパ竜太郎奏法の真実

      ・その1

      ・その2

No.36 竜太郎メソッド〜ゆるみ打法〜

第一話  ゆるみ打法ができるまで

No.37 竜太郎メソッド〜ゆるみ打法〜 

 第二話  “ゆるみ”あれこれ

No.38 竜太郎メソッド〜ゆるみ打法〜

  話 ゆるみと愛とシアワセ感

No.39 竜太郎メソッド〜ゆるみ打法〜

  話  アンサンブルのこと

No.40 竜太郎メソッド〜ゆるみ打法〜

  手の内〜バチの持ち方〜


| | Comments (0)

2013.01.12

プレゼントの Art ご紹介

プレゼントアートの当選者の方には、

プリントしたポストカードがすでに届いたころと

思いますので、皆さんにも

ご紹介したいと思います。

Prsntart_2

*画像クリックで拡大

*縁取りはブログ掲載用に加えました。

*実際は色合い多少異なり、画面に文字は入りません。

 


〜アートについて〜


まだ形にならない相反するエネルギーの靄(もや)が

うごめきながら互いを取り込んでいき

何かが起こりそうな予感。

その空間に浮かぶ幾多の魂が、光の糸を伸ばして

繋がり、網の目のようにグリッドが生まれています。


全てが繋がり

響き合って存在している

私たち。。。

タイトルのAll my relations は、そんな繋がりこそ

私たちの真実であることを、祈りの最後に

口にする、アメリカ先住民(ネイティブ・アメリカン)の

ことばです。

12月24日、クリスマスイヴ。。。

白い紙に向かったときに浮かんだ

この日にぴったりのテーマだったように

思います。                      

/ / / /


当選された方


・福岡県 Gさん

・千葉県 Aさん

・静岡県 Eさん

・静岡県 Sさん

・埼玉県 Iさん


以上5名のみなさん

おめでとうございます!!



惜しくも落選されたみなさん、

この度はありがとうございました。

またの機会によろしくおねがいします。

| | Comments (2)

2013.01.10

ワークショップ@和歌山県御坊市

Ws2013_2
*拡大 画像をクリック!

 拡大したファイルを開けない方は、文末に情報を載せて
 ありますのでそちらをご覧下さい。

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:


恒例になっております

和歌山県は御坊でのワークショップ。




今回のテーマは

“ノリ” と “ビート” です!


スローガンは、、、

“Good Beat Good Life

よいリズム、よいビートにはノリがあり、

自然との調和があります。



命に直結する心臓の動きを

“Heart Beat”というように

命とビートは切っても切れない

ものですから、よいビートを

体感することで

命が充電されるのです!





そして、キーワードは、、、

ズバリ

「快!」


かつては私自身、体力の限界を

超えたときに入る「快感ゾーン」

よく体験しましたが

そうではありません。



自分と周りとが生み出す、カラダの内側からの

グルーブに身を任せることで起こる

快楽ゾーンを味わいましょう〜(^^)/




御坊でのワークは、テーマを変えながら

年々内容が深まっていますが

初めての方でも取り組みやすいよう

進めています。



ある程度の時間たたき続けることは

必要ですが、

体力に任せた激しいことはいたしません。


どうぞ安心して(?)参加ください(^^)/



♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:


■日時:2013年2月11日(月)
      AM10:00 〜 PM4:00(受付9:00〜)

■場所:御坊勤労青年ホーム2階

■人数:25名程度 *中学生以上和太鼓経験者
      (定員になり次第締め切ります。)

■講師:金子竜太郎(和太鼓奏者)

■内容:金子竜太郎メソッド「ゆるみ打法」を
     ベースにして和太鼓のリズムにノリを出し
     ビートを効かすにはどうしたらよいかを
     学びます。

■費用:12,000円(昼食代も含む) 
            *中高生は6,000円

■準備物: ・バチ
       (各自でご準備下さい。1尺6寸〜2尺の
       宮代鼓、桶太鼓を主に使用しますので
       それに合ったバチをご用意下さい。)

        ・動きやすい服装
        ・上靴(足袋、素足でも構いません。)

■その他:アンサンブルに使いたいという持ち込みの太鼓、
       鳴り物がございましたら、事前にご相談下さい。

■問い合わせ・申し込み方法:
       下記の申込先へ電話またはメールで
        お申し込み下さい。またご質問などございましたら
       お問い合わせください。

【WS 申込先】 原 啓司 
                   TEL/FAX 0738-23-5115
             HP 090-6985-2856

                    PC mail k.beat@gaia.eonet.ne.jp
                    携帯mail k.beat@i.softbank.jp  

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:

          

| | Comments (0)

2013.01.08

プレゼントのArt発送のお知らせ

今回のために 描きおろした 

feiz アルバム発売記念のプレゼント。

金子竜太郎オリジナルパステルアートを

プリントしたポストカードが完成し、

本日発送いたしました〜!!


抽選では僕自身もなんだか

ドキドキワクワク。

当選された方、、、今しばらく

お待ち下さい。


アートのご紹介は

1月12日に

しゃべログにて

記事にしますので

是非ご覧下さいね。

どうぞお楽しみに〜♪ (^^)




| | Comments (2)

2013.01.04

2013年、初の夢

幼少時代を過ごした地域で

駅に向かう道をショートカットして

よく歩いた細い通り。


夢に登場しているのは

今の大人の自分。

そこにはもう30年訪れていません。

気持ちよく晴れている日、

その細い通りに、ところ狭しと

いろいろな色の透明な石が

干して(?)ありました。

角張って茶色がかった透明な石の中に

太陽が写り込んでいて

キレイだな〜と思って、となりの石も見てみると

それは無色透明で、直径30cmほどの

美しい球体の水晶でした。

Crstl1



いくつも写り込んでいてた太陽を

のぞき込むと、それが突然動きだして

なんと北斗七星の配置になりました。

その途端、ものすごいパワーが発せられて

声を上げて尻餅をついてしまいました。

Clstl



いわゆるパワーストーンには、さほど

ご縁はないのだけれど

何か意味があるのでしょうか〜???



今、思い出したのですが、

その後見た夢では、ある美しい存在が

「それは私のシンボルです」と

六芒星に光り輝く十字架が重なったものを

示しました。

ちなみに僕のホームページ にあるのは

六芒星を六角形が囲み時計回り。

更にそれを囲む反時計回りの二重の円、、、


Smbl


なんだったのでしょうね〜

1月4日に見たのは

「初夢」とは言わないようですが、

自分的には

今年初めての夢ではありました。


みなさんは

初夢

見ましたか〜?

| | Comments (0)

2013.01.01

迎春2013


shine
shine新年あけまして

    おめでとうございます
shineshine



Rk00024

去年末には、お陰様で feiz のアルバムを

リリースでき、和太鼓だけでは踏み込めない

世界に遊び場が広がりました。


また、そのアルバムのアートワークという形で

パステルアートの作品を

世に出すことができました。


これをきっかけに、作品での表現も少しずつ

してみたいと思っています。


上の画像は、年賀状に使った作品。

ピンクの三つ巴とウロコ模様。

天に向かう、金と黒をイメージした蛇。。。


ワタクシ的にはこれからの自分の生き方

を重ねているのですが、、、

ご覧になったみなさんは、どんなことを

感じるでしょうか〜(^^)



演奏 では、東日本大震災の

復興支援プロジェクトに関わったり

していきます。

そして


ワークショップ

音とリズムを使って、

カラダとココロと魂を繋いでゆく

音とBody & Soul  のワークの

研究実践を進めていきます。


もちろんこれまで通り、ゆるみ打法や

演奏技術、チャッパのワークなどを

していきますよ〜

****


2013年、皆さんはどんな計を

たてたでしょうか?(^^)

どんな計をたてられたとしても

ご健康
ご多幸をいつもお祈りしています。   

l

相変わらずの超マイペースの竜太郎ですが

本年もどうぞよろしく

お願い
申し上げます。

m(_ _)m



| | Comments (0)

« December 2012 | Main | February 2013 »