« feiz CD発売日! | Main | 締め切り間近!! »

2012.12.19

今期研修生との最後の稽古

先日の鼓童研修所での稽古は、

研修生の進級選考前、最後のものでした。


とにかく寒い鼓童研修所。

いきなりの雪が数時間で

結構つもりました。

Yuki

毎年、選考発表会を見ることもないので、

彼らがどんな顔して、どんな演奏をして

どんな気持ちだったのかを

知ることはできません。



風の噂的に選考結果を知ると

どんな気持ちで結果を受け止めて

どんな未来を思い描いたのか、、、と。


鼓童在籍中、僕は選考する立場でしたが

毎年選ぶ側も誰かを落とすことはつらくて

寿命が縮む思いがありつつ、相手の人生に

大きな影響があることですから、こちらも

ハラを据え襟を正して選考していたのを

思い出します(^_^;)



2年間で20数回の稽古ですが、

朝9時から夜10時過ぎまで稽古をつけます。

内容は、、、


身体基礎。

身体を単に肉体とは捉えないゆるみ打法

ベースにして、身体技法はもちろん

感情や思考、そして生体エネルギーや魂に

至るような部分にも、ほんの少し触れます。



それから、、、

大太鼓、三宅、屋台囃子、千里馬


など、鼓童の主要演目も指導しています。



稽古期間最終日の夜は、いつのころからか

研修生からの希望で

「お話タイム」という、ざっくばらんな話しをする

時間をもつようになりました。


僕自身と彼らが

考えていること

感じていること

希望

不安

疑問

興味

などなど、、、




稽古時間だけでは

見ることの出来ない表情、

知ることの出来ない内面、

語ることの出来ない話題。。。


とても貴重で有意義な時間で、

叩いているだけでは至れないであろう

レベルの理解が深まることにも

なっています。

そして僕自身も、彼らと接することで

とてもインスパイアされています。

 




今回は、2年間の指導への感謝ということで

彼らのオリジナル曲を披露してくれました。

技術的にはまだまだであっても

研修生とは思えない優しい太鼓と笛の音で

素晴らしかった。





そして、鼓童のステージのアンコールで

よく唄われた「酒屋唄」を

僕も誘われて一緒に唄いました。


冷たい空気の稽古場で

円陣になって唄った酒屋唄は、

やたら張り上げることなく

自然に心がこもった響きに。


今までで一番気持ちよく唄えた

と感じている自分に少し驚きました(笑)。




毎年そうですが、

選考結果がどうなろうと

研修所を卒業しても

陰ながらいつも彼らを応援しています。



Shikishi_2
色紙に貼り付けた、袋状になっているハートの中に
一人一人がしたためてくれた手書きの手紙がありました。


|

« feiz CD発売日! | Main | 締め切り間近!! »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« feiz CD発売日! | Main | 締め切り間近!! »