« October 2012 | Main | December 2012 »

2012.11.29

feiz CD ご注文案内

 
Jct


feiz  New Album Rebirth

価格 ¥2,000(税込み、送料別)
OSCL1002


曲目リスト
1.coda              5.rebirth
2.eclipse           6.fly
3.reflex             7.alive
4.flow               8.moon

*期間限定プレゼント企画あり。詳細はこちら




*********************************

オフィシャルサイトの Store から
お求めできるようになりました!

   ↓↓↓

ryubeat Online Store


*********************
************
この記事は12/12に編集いたしました。



| | Comments (0)

feiz CD発売記念 ☆ プレゼント企画

こんにちは。

スタッフ 聖〜ひじり〜です。


いよいよ! 

feiz のNew Album Rebirth の発売日が

近づいて参りました〜


…そこで
flair


竜太郎より


Rebirth 発売を記念して

日頃応援して下さっている皆様へ

感謝の気持ちを込めて、、、





shine 期間限定プレゼント shine



をご用意させていただきました!!



2012年12月25日まで にご注文いただくと

ご希望の方全員

金子竜太郎 直筆サイン

ジャケットに入れてお届けいたします!



尚、プレゼント企画は

ryubeat Online Store からの

ご注文に
限ります。

他のネット通販等では対応しておりませんので

ご了承下さい m(_ _)m





  さらに!!
shine



締め切りまでにご注文いただいた方から


抽選で5名様

竜太郎が描いたパステルアートをプリントした

ポストカード をプレゼント!!

(抽選は12月26日。お届けは年明け。当選者の発表は
 発送をもってかえさせていただきます。)




ちなみに、、、

このRebirthのCDジャケットをはじめとする

アートワークも、竜太郎のパステルアートを

ベースに作成されているんですよ〜(^^)


*アートワーク関連記事 → http://urx.nu/2Dfc



今回のプレゼント企画のアートも

竜太郎のインスピレーションで

これから描かれます。


どんな作品になるのか

楽しみですね〜♪


みなさまのご注文を

心よりお待ち申し上げます。。。


お求めは
こちらからどうぞ。

ryubeat Online Store 



*この記事は、12/12に編集しました。




| | Comments (0)

2012.11.23

中学生への職業体験 レポート2

「仕事で大変なことは?」

「やりがいを感じるときは?」


など、なにか台本通りな

質問をひとしきり受けた後

こちらから逆質問。


「仕事をしたいと思う?」


全員即答で

「はい。」



「では、例えば宝くじが3億円当たって
お金を稼がなくても一生食うに困らないとしたら?」



すると

「う〜ん。。。」

ちょっと歯切れが悪くなりました。


今のうち一度くらいは

「なぜ仕事をするのか」

ということを考えてみるのも

いいかなと。



ほんとは

「仕事は、しなければならないものなのか。」

という質問もしてみたかったのですけれどね。

午前中に見たビデオのひとつに

鶴田真由さんとヨーロッパをキャラバンした

ドキュメンタリー番組 があります。


見せたかったのは

有機栽培のぶどうで

ワインを造っている

フランス人のおじさんのコメント。



「美味しいワインではなく、

飲んでシアワセになる

ワインをつくりたい。」






そんな発想でいると

「なぜ仕事をするのか。」

「仕事は、しなければならないものなのか。」


という問いへの答えが

見えてくるかもしれません。


///




「友達とは仲良くしなければならないのか。」

「ルールは守らねばならないのか。」

「学校にはいかねばならないのか。」

「夫婦は円満でなければならないのか。」

「人は争わねばならないのか。」

「世界は平和でなければならないのか。」




僕も普通に「ねばならない」という表現は

使いますが、そのたびに

「ホントにそうか?」

という心の声がします。


一見正しそうなことや大事なことで

あればあるほど

そうです。



ねばならない理由を

説明しようとすると、ほどなく

行き詰まっちゃいます。



ねばならないと言っているときって

なんかココロに

ぴったりきません。



「正しい」と決めつけて

それを他人にも認めさせようという

ニュアンスを感じるからでしょうか。




この言葉に

縛られないように

したいものです。




彼らに逆質問をしながら

そんな自分の心に

向き合う機会となりました。




長くなったので

本日はここまで〜♪

| | Comments (2)

2012.11.20

中学生への職業体験 レポート1

申し出にお応えして

地元の中学生6人に職業体験の

ワークをしました。

まずはカタギのお仕事ではないので

どんなことをしているのか、

ホームページや過去に出演した

TVのドキュメンタリー番組などを

見せながら説明。


そして、実体験1としてバチのメンテナンスを

してもらいました。

Img_2289

カッターで汚れや小さなへこみ、ささくれなどを落とし

サンドペーパーを

80番〜120番〜240番まで

かけてもらいました。


400番〜600番までかけると

とても美しくなるのですが

時間の関係で今回はここまで。


始めると皆集中して黙々とやっていながらも

みるみるキレイになり、すべすべになってくる

バチに感激していました。




午後はスタジオでの単独リハーサルに同行。

先ずは、太鼓や台類の搬入。

慣れない荷物を意外と積極的に運んでくれます。

荷ほどきをしたら台類の組み立てと

太鼓の締め上げ。

 

Img_2346

まず皆に締め上げを体験してもらい、、、


Img_2354

僕が手際よく締め上げると、それだけでも

「おぉ〜!」 と リアクション(^^)


全て締め上げたら台にセッティング。


それぞれの太鼓の音色を味わってもらって

みんなでリズム遊び。

Img_2371

これは

音とBody&Soul

というワークでやっていることの応用。

Img_2377

Img_2380

平胴大太鼓を囲んで素手でたたきクラッピングを

織り交ぜて、音色とリズムで遊びます。


そして僕のソロ演奏を4曲ほど聴いてもらう

ミニコンサートで終了。




さあ、片付けも完璧に。

Img_2341

Img_2407


なかなかよく働いてくれました。

ありがとう。



今回のことで、僕が体験して感じたは

レポート2で改めて書きますね♪


| | Comments (2)

2012.11.11

ワークのご感想

去る9月に行った

九州の むなかた太鼓さんへのワークショップ

メンバーの方から、近況報告に合わせて

ワーク後の様子について

メールをいただきました。

///

9月のワークショップにメンバー全員で参加できて、

あの空気を皆で味わえて

むなかた太鼓がちょっと変わったって気がします。

皆が冷静に笛の音を良く聞いて

くれるようになったので、とても笛が

吹きやすくなりました。

課題は山積みですが、

これから色をつけ高めていこうと思います。



                      〜ご感想より抜粋

///


担ぎ桶太鼓の基礎的なレッスンのあとは

笛とのアンサンブル曲を通して


リズムのとりかた

ノリの出し方

笛との関連性

そして

ステージング

に至るまで

実践的内容が盛り沢山!



特に、メロディーとの関連性を

軸にして、どのように太鼓のニュアンスに

反映させるのかは、ワタクシの得意とするところ。



みなさん熱心で

メキメキと上達しておられました。

そういう姿を目の当たりにすると

とってもうれしくなります。

もっと時間や回数を重ねられたら

どんどん良くなるだろうな〜と。


こうしたフィートバックは

とても嬉しいことです。

ありがとうございました♪


〜〜〜〜


ちなみにオフィシャルサイトの

ワークショップのトップページ は、


「太鼓」 「チャッパ」 「音とBody & Soul」


というように

青い3つの丸でカテゴリー分けしてあります。


その青い丸をクリックするとそれぞれの

詳しいページが開くのですよ〜。



こういうやつです
↓↓↓


Sitews

気づかなかったという方もいらしたので(T_T)

お知らせします(^^)/

 

| | Comments (0)

2012.11.06

ソロライブ&ワークショップ@羽幌

太鼓とともに片道足かけ三日間の移動。

北海道は羽幌に行きました。

西側の海岸線に出ると

鉛色の空と海。

強風で舞い上がる波しぶき。

フロントガラスをたたく雨。。。

Img_1943
う〜ん、佐渡に似ているなぁ



途中、札幌を通り

陶作品とコラボ した北広島、

舞踏とコラボ した砂川、

Aguriで公演した小平(おびら) を通過し

さらに北上。

家から片道1,400kmの道のりでも

この間の九州の旅と違って大半が

カーフェリーなので楽でした。



羽幌には長く続く町の芸術祭があり

今回、その60回記念に北海道文化財団の

事業と合わせて呼んでいただきました。

60回ってすごいですね!



Img_2027
サウンドチェック中〜




翌日は地元のオロロン太鼓さんにワークショップ。

中学生の女の子達が活躍する

フレッシュなチームでした。

Img_2202



もっとフレッシュなメンバーも!!
将来が楽しみですね
Img_2135

 


いただいたお土産
ごちそうさまでした〜

Img_2257



Img_2214
一瞬顔を出した太陽。
合掌。。。

| | Comments (0)

2012.11.01

北海道に到着

スタッフ 聖〜ひじり〜です。

昨日、茨城の 大洗港を
18時半に 出港した フェリーで
本日、13時半過ぎに
北海道の 苫小牧港に 無事
着岸いたしました。(^^)


Tomakomai
フェリー客室より苫小牧港を望む


そのまま、楽器車で 札幌まで 移動し
明日、コンサート会場となる
羽幌に 向かいます♪

あっ、前々回の 記事と 被りましたね〜
すみません。^^;

竜太郎も 羽幌の 皆さまに お会い出来るのを
とても楽しみにしております
ので
是非是非、お運び下さいませ。。。

| | Comments (0)

« October 2012 | Main | December 2012 »