« シンディ・ローパーの真心 | Main | サティアサイババ死去 »

2011.04.05

花見のススメ

自粛の是非について

いろいろありますね。




一度は自分の胸に聞いてみても。

「その自粛。本当は誰のため?」





一つの視点として、被災した岩手より

こんな声もあります。
http://www.youtube.com/watch?v=UY0FtSqrMBc&feature=player_embedded




カラオケ。

焼き肉。

ドンチャン騒ぎ。。。


お好きな方には申し訳ないが

個人的には、サクラは一体どんな

気持ちだろうと、踏みつけられてる根を

横目に通り過ぎてます。


★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜


春風に揺れる枝

舞う花びらを透かす陽の光


静けさを肴に酒。


自然への畏敬と感謝をもって

可憐でたくましいサクラを愛でる。


例えばそんな風流な花見なら

いろんな意味で違和感無く

酒をやらない僕でも

参加してみたいと思えます。

|

« シンディ・ローパーの真心 | Main | サティアサイババ死去 »

Comments

先日の「命の太鼓」では、心強いメッセージ、有難うございました。

こちらでは川沿い並ぶ千本の桜が美しく、季節となれば渋滞で動けないというのが例年の習いでしたが、今年は外部からのお客様も少なく、地元の人たちが穏やかな時を過ごしています。通常は演奏の機会も増える季節ですが、自粛の影響で中止が多いです。

その前に自分自身がまだ太鼓に触れないでいます。今は進むために立ち止まってはいけないという気持ちと、立ち止まらずにはいられない気持ちのはざ間にあって、揺れています

日本全国からの暖かいメッセージには本当に勇気付けられます。
頑張らなくちゃ、立ち止まっていられないと思います。

今年の桜は本当に綺麗です
力いっぱい咲いているその姿を見て
普通の生活に戻れるように頑張る力を
貰います。

まずは一歩でも前に進めますように・・・。

Posted by: NOBU | 2011.04.19 at 10:18 PM

>NOBUさん
割り切れない気持ちでいらっしゃるのでしょうか。無理もないことと思います。
ここから踏み出す一歩はほんとに素晴らしいものだと思います。気持ちだけですが、ともにいさせて下さい。

Posted by: りゅうたろう◇ | 2011.04.26 at 03:22 AM

ありがとうございます
先日 東京に住む姉とともに
津波被害で壊滅的被害を受けた
女川に行ってきました
一月半を経てなお手付かずのその
惨状に、姉も絶句しなお
私を元気付けようと懸命に
話しかけてくれました
姉も東京にいて何か出来ないか
思い悩んでいたのですが
何かを想ってくれたようです
この連休中太鼓仲間で沿岸部の方々に
対してイベントを行う動きが
あります。
何が出来るかわかりませんが
竜太郎さんの言葉を胸に
参加して一歩進んでみようと
思います

Posted by: NOBU | 2011.04.30 at 10:58 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« シンディ・ローパーの真心 | Main | サティアサイババ死去 »