« February 2011 | Main | April 2011 »

2011.03.23

シンディ・ローパーの真心

恐らくバッシングもある中

ライブを決行してくれたこと。

この曲をメッセージとして選んでくれたこと。

そして歌に込めた真心に…


ただただ感動と感謝。
http://youtu.be/AuOdrIzcidk




ちなみに震災の一週間ほど前の
こんな出来事に、

「さすがだなぁ、、、」

と思っていました。

http://bit.ly/eipn0n


| | Comments (2)

2011.03.19

命の太鼓

Earthquaketaiko
記事は太鼓には触れてないらしいですが…
http://news.yahoo.com/nphotos/slideshow/photo//110312/481/urn_publicid_ap_org7f4edc559ffb4cfcbd393dc833e427c5/

Cocolog_oekaki_2011_03_19_00_28

The life relays players.

Cocolog_oekaki_2011_03_19_00_35

 

heart beat is not cut off !!

| | Comments (9)

2011.03.18

愛、贈りませんか

ツイッターで呼びかけた文面を

こちらにも掲載します。


Joinできるかたは

ご一緒にどうぞ(^-^)


 ~・~・~  
~・~・~

毎日夜10:00から10:30まで

被災されている方々と

地球に向けて

愛の循環を瞑想しています。



支援したくても具体的にしきれていない

もどかしさを愛にしてお届けしませんか。


1分間でもかまいません。


しっかり対象にフォーカスした時間を

提供していただける方

お待ちしております。



愛の循環とは

自分の大切な人を思う気持ちの

バイブレーションを

他の人と地球にシェアする感じです。



そして自分も循環しているそれを

遠慮なく受け取ることです。


| | Comments (4)

2011.03.16

母のくしゃみ

僕の母は後期高齢者。

まだまだ元気だけれど

この時期、花粉症で

大変そう。

かつて僕が風邪をひいた後に

母がくしゃみをすると

「僕のが移っちゃった」と

子供心に

申し訳ないと思ったものだ。


そんなことを思い出しながら

いい加減、親孝行しないとなぁ〜、と

ぼんやり考えてたり。。。


産み、守り、育んでくれた

愛に応えるには

愛しかない。



でも自分も一人の親として思うのは、

子供の愛が自分に向けられるよりも、

本人自身と周囲の人々を

分け隔てなく愛せる子になって欲しい

ということだ。


それが本当の意味での

独り立ち

と思うし

なによりも嬉しい。


このところ、くしゃみ連発の母なる星

僕たち子供にそんなメッセージを

くれているのかもしれない。


Earth


そもそも母のくしゃみは

僕たち子供の病が

移ったものかも

しれない。



病。。。

それは勘違い

ともいえる。



あるいは、

本来の姿でない


状態。



例えば

善や正義を主張しながら

争うこと

傷つけ合うこと

更には

殺し合いまでを

正当化してしまう。

それは

病と違うのだろうか。


正義を行ったとして

もし良心の呵責があるなら

それは

本来の姿を反映した、本当のココロ

真心


ではない。



正義を本当のココロと

勘違いしていないだろうか。


正義を証明するには

悪が必要になってしまう。

そんな我が子の深い葛藤を

何千年も見続ける

母のココロは

どんなだろう。


僕たちは病であることをやめたら

何を失うと思っているのだろうか。


地球の子供、人類とは

そんなものなのだろうか。


今の姿が

今のココロが

人間としての

完成型

なのだろうか。


そうでないなら

どこに向かいたいのか。。。


 

僕たちの意識のあり方が

母の体調を崩していると

みるのは行き過ぎだろうか。


しかし、こうは言える。

もし子が母の一部なら

母も子の一部なのだ。




いい加減、

親孝行しても

いい時期では

ないだろうか。


なにが親孝行かは

正義によっては

語れない。


なぜなら

僕たちは

正義によって

生まれたのでもなく、

守られているのでもなく、

育てられたわけでもない。


それは

によってでは

なかったか。


産み、守り、育んでくれた

愛に応えるには

愛しかないのだ。


そして愛の向けどころ

先ずは

周囲を愛するのに

分け隔てしてしまう

自分自身のココロ

ではないだろうか。



「僕のが移っちゃった」と思ってる

僕は早く治そうと

思っている。

必ず治る。

なぜなら、愛から生まれ

もうすでに

充分に愛されているから。


なにより、それが

本来の姿

だから。

| | Comments (2)

2011.03.09

WS@栗東vol.2

去年12月に引き続き

滋賀県は栗東市でのワーク。


今回はゆるみ打法に加え

チャッパ竜太郎奏法も。



ゆるみ打法では、これまであまり

公開できてなかったバチの持ち方、

「ゆるみ持ち」をちょっとだけやりました。


「持ち」はとても深いテーマで、

目にはなかなか見えにくい運動です。

なのでホントに簡易的ではあるけれど、

一般的な持ち方との違いを

さわりだけでも体感できたのでは

ないでしょうか〜


いずれ「持ち」をメインにしたワークも

やってみたいですね。

とってもデープで気持ちよく、

思ってもみないプラスの副作用がある

ワークになりますよ〜



チャッパワークは、初心者の方が多かった

にも関わらず、みなさん飲み込みが早い!

総まとめの合奏では

ワークらしからぬ盛り上がり!

僕も担ぎ桶で入り、ただの太鼓打ちになって

一緒に楽しんでました(^-^)


vol.3もあるといいな〜



| | Comments (0)

2011.03.04

継続し〼

この1年間をお試し期間(?)として

行っていた講座が、継続になりました。


継続型ならではのワーク。

ご興味あるかたは是非!

http://www.asano.jp/kyouwakan/class/index.html
(上記の画面の下の方に情報が載っています)


チャッパ講座

小さく単純な楽器から

多彩な音色紡ぎだす竜太郎奏法の

正しい技術体系を具体的に

わかりやすく伝授します。

伏せ打ち講座改めゆるみ打法講座

初心者でも熟練者でも目からウロコの

基礎と極意を凝縮したもの。


カラダとココロを楽にする

シンプル&ディープ

ゆるみワールドを

一緒に旅してみませんか。

| | Comments (0)

2011.03.03

公演”太鼓の音”

去る2月26日に行われた公演。

1部は太鼓の里 響和館 の講座受講生の

みなさんたち、26チームの大演奏会!


僕の講座は、ゆるみ打法の伏せ打ち講座と

竜太郎奏法のチャッパ講座。

講座をひらいて1年。

月1回の講座にもかかわらず

みなさんガンバって演奏されていました。

頼もしい〜(^-^)


2部は講師陣の演奏。

いろんなスタイルの太鼓がありました。


そういえば久しぶりに

演奏中にバチが折れました〜

折れたら、たいていポ〜ンと飛ぶのに

手の中で折れてポロリと落ちた感じ。


観ていた人は気がついたかな?


ソロ演奏だと、どうしても曲に

影響しちゃうから、どうせなら

派手に折れて欲しいなぁ〜(笑)

| | Comments (0)

« February 2011 | Main | April 2011 »