« アンゴラ2日目 | Main | チュニジア1日目 »

2010.03.05

アンゴラという国で その2

「危ない」


という

漠然としたイメージしかなかったアンゴラ。




ここで無事かつスムーズに
移動、本番を行えたのは
ひとえに、国際交流基金と
大使館の職員さんのお陰です。




3時間かかる場合もあるという
空港での手荷物受け取りが15分程度。
入国もあっという間でした。

「奇跡だ」

と連呼されていましたが
相当な根回しと連携プレーの
賜物だったようです。



日本からのアーティスト招聘による
公式事業は始めてとのこと。

こちらも襟を正して望みましたが
前例もない中、大使や担当のYさんはじめ、
職員みなさんの気合いの入れようは
僕たちを大いに熱くしてくれました。

また、世界一物価高の街での公演は
現地の日本企業からの相当な
援助あって実現できたこと。

本当に感謝!!

また、タイトなスケジュールの中でいただいた
大使奥様の赤飯おにぎりには
感涙でした〜!!


みなさんのメンタリティーと
バイタリティーは、混沌としながら
突き進むこの国の良き方向付けに
必ずいかされることでしょう。


アンゴラを後にするとき
こんなに名残惜しい気持ちに
なるとは思いませんでした。




在アンゴラ日本大使館のHPには
大使自ら撮影した写真で、アンゴラを
わかりやすく紹介しています。

是非ご覧下さい!!
http://www.angola.emb-japan.go.jp/



|

« アンゴラ2日目 | Main | チュニジア1日目 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« アンゴラ2日目 | Main | チュニジア1日目 »