« モザンビーク2日目 | Main | アンゴラという国で その1 »

2010.03.01

アンゴラ到着

いったいどんな国なんだろう?

間もなく着陸する空港の周辺には
トタン屋根に石を載せた家屋が
密集しているのが見えた。

空港は意外にも
新しくキレイ。

早速劇場を下見。

搬入口で洗濯している。

舞台に乗り、上手袖を見ると
吹き抜けになっている二階に
楽屋があるようだか
廊下いっぱいに洗濯物が
干してある。


Ang_wash

薄暗くてほこりっぽくい空気の向こうに
ボックスシートの2階席もみえる。
ヨーロピアンな劇場だ。

空調は2階席の壁に家庭用クーラーが
数機張り付いているが、つけてはいない。

やっぱり、暑い。

ここは現地ミュージシャンとの共演もある。
コラボ用のリハは例によって実質1時間もない。

照明、音響の機材はちゃんとあるだろうか。
正常に作動するだろうか。

日本人アーティストのライブは
アンゴラでは初めてらしいが
観客はくるのだろうか。

どんな反応になるのだろう。

いつも厳しい環境になるほど
アタマがクリアーになり、
胸が熱くなって
ハラが決まってくるのは
面白い。


アンゴラでもシャバダバダ〜でヨロシクゥ!

Ang_tirasi

劇場前にあった公演チラシ看板。
薄ベニヤに張って建てかけてあるだけなのが
なんともアフリカだ!

|

« モザンビーク2日目 | Main | アンゴラという国で その1 »

Comments

竜太郎さん、カッコイイヽ(´▽`)/
愛桶太鼓の皮の方は如何ですかぁ??

>アンゴラでは初めてらしいが
観客はくるのだろうか。

絶対大丈夫ですよ!!

Posted by: 油屋八兵衛 | 2010.03.01 at 08:49 PM

YEAH!! 初日の皮事件以外は、
なかなかいい感じでツアーも
進んでいるようですね。

そのノリで残りの公演もYEAH!!

Posted by: K-BEAT HARA | 2010.03.01 at 11:28 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« モザンビーク2日目 | Main | アンゴラという国で その1 »