« モザンビーク1日目 | Main | アンゴラ到着 »

2010.02.28

モザンビーク2日目

この日は一生忘れられない日に
なりました!

初組み合わせのこのユニットの
ライブは4回目。

各曲、プログラムの流れ
ともにクオリティーの高い
ステージとなり、大いに
盛り上がりました。



そして、アンコールが終わったところで
泰一のポルトガル語のMCに
観客が沸いています。

ステージ袖からケーキが登場。

「あぁ、、そういうことねぇ!」



なぜかモザンビークで一番有名だという
歌手も出てきて、観客と共に
ハッピーバースデーを歌ってくれました。

舞台人として、ステージでの出来事ほど
リアリティーが強いことはありません。

それだけに嬉しい。

そのとき「舞台で死ねたら本望」という
キモチはやはり嘘ではない、と思いました。



しかし、面白いことに
カタールで誕生日を迎えた
嵯峨ちゃんのときもそうだったけど
日本では3拍子のハッピーバースデーが
こちらでは4拍子なのだ。

これはイスラム圏共通だったりするのかな?

|

« モザンビーク1日目 | Main | アンゴラ到着 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« モザンビーク1日目 | Main | アンゴラ到着 »