« 佐渡にて | Main | 青山太鼓見聞録&和太鼓カレッジ »

2009.08.27

薪能公演 二日目

佐渡薪能公演。

二日目は、相川の春日神社能舞台です。
前日の諏訪神社より小振りでリフォームされた
きれいなところ。

道を挟んですぐ民家があります。






KOMACHIのオープニング。

舞台の下(した)から歩きながら演奏し始めると
すぐに「トラブル発生で始められません」と耳打ち。

舞台の上(うえ)では
スタッフさんが作業中。

でも野外の包容力でしょうか、
それはそれで面白いので続行〜、と勝手に判断。

「終わるまで僕が繋ぐからまかせといて」と
ココロの中で思っていると
客席エリアから開次さん登場。

それも予定にはありません。
やはり現場の流れを呼吸できる方
なんですね。

インプロ(即興)好きの血が疼きます\(^0^)/

期せずしてアドリブの多いこの作品が
活かされ、一日目とは、また違った
面白さがありました。



「小町」というモチーフに「和太鼓」ってどうよ。

って話ですが、、、どうでしたでしょう?


作品自体、小町をモチーフにしても
それにこだわりすぎず、ということだったので
自由にやらせてもらって、個人的には
楽しかったです。

身体表現者が二人に対して、音一人。

いや〜贅沢です。
音が二つのカラダとかがり火の炎を通して
空間に広がっていくのは、なんとも
快感でした。



Souji_2

開場前。

僕はウォームアップ中。
津村先生(奥)は立ち位置確認中。
開次さんはメイク中。
スタッフさんは掃除中。

音の中で黙々と掃除をしている姿は
なんかシュールです。

|

« 佐渡にて | Main | 青山太鼓見聞録&和太鼓カレッジ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 佐渡にて | Main | 青山太鼓見聞録&和太鼓カレッジ »