« 穫れたて | Main | 撮影終了 »

2009.08.05

スキンシップ

佐渡に行ってきました。

鼓童稽古場での研修生発表会をみて
その後、研修所での3日間集中稽古でした。

いつもは港から研修所へ直行し、朝から夜遅く迄
ビッシリ稽古。

そしてまた港へ直行。
佐渡満喫なんてまったくありませんのよ。


で、今回自分の変化に驚いたことがありました。

それは島の中央南側を横切る”南線”を
走っているとき、その風景に

癒される〜

と感じたことです。


道の両手は田んぼで緑の絨毯。
その向こうに山が連なる風景は
確かに美しい。

でも人の手がかなり入っているし、
以前は癒されるのとはまた別の
感じでした。

それだけ人工物の中で息を詰まらせていた
のかぁ〜downと。。。

まあ、森も荒れた里山や植林などで、
一見自然なようでも意外とそうではないところが
多いですけれどね。

それでもそういう自然をカラダが思いっきり
深呼吸しようとしていたんです。



なので、いぜんやっていたように
鼓童村周辺の森に裸足で入ってみましたfoot

研修所でも一度裸足で外に
出て稽古をやりましたfootfoot



草、土、砂利、コケ、砂、石、落ち葉、枯れ枝。
水気や温度。
凹凸や傾斜。

踏みしめたときの音と感触がリンクします。

一歩一歩情報が変化するので
危険に対しても鋭敏になり、自ずと五官も
活性化されます。


だから狭いエリアをゆっくりあるくだけで
ものすごく豊かな体験ができるんですね。


そんなこんなで、すっかり良い気分になって
また人工物溢れる世界に帰ってきました(^^)

こちらでは、外を歩いて視界に入るものの
8割くらいは人工物。

佐渡では反対の1〜2割くらいです。

たまにはおもいっきり自然の中に身を投げ出して

マザーアースとスキンシップ

をしなくちゃ

ワタクシの場合
都会では生き抜けないことを
悟ったのでした。


そのかわり、ブト(ブヨ)に刺された
右足首はサリーちゃん状態です(*^-^)

|

« 穫れたて | Main | 撮影終了 »

Comments

そういえば、裸足で歩くってことに暫くご無沙汰してました。外でといえば砂浜でしか裸足になっていなかったなああって。。。 
自然とのスキンシップ。今の時代では思い切ってやらないと機会がありませんね。簡単なことだし、変なんですが、とっても勇気がいります。
今の私は緑との生活で自然とスキンシップです。。。

Posted by: のりこ | 2009.08.10 at 12:36 PM

佐渡の自然の中での癒し。。。生き返ったような感じでしょうか。ワクワクと。。
よかったですね!(^^)
思えば鼓童ECのおかげで、家族や太鼓仲間も皆 佐渡の自然に触れる思い出の旅を幾度もしています~。
小さなお寺の境内でたくさんの青蛙に出会ったこと。近道探して山越えに挑んだもの結構遠くて難儀してたら通りかかった軽トラックのおじちゃんが荷台に10人位で乗せてもらったこと。子供と一緒に朱鷺のことを勉強したこと。
またECの季節ですね。
島に集まるたくさんの人々が、それぞれの目的や思いでそれぞれの体験をされることでしょうが、あの島に渡ること事態がイイ感じなんです
よね~(^^)

Posted by: chica | 2009.08.10 at 01:32 PM

鉱山祭りの時に佐渡に渡りました。平野をながめながらのドライブも、風が心地よくて、幸せでした。金北山を時速60キロでブレーキなんてかけない75歳の佐渡人のおじさんの運転も、雨のすきまに拝めた夕やけも、素敵!めがね橋付近で初めて息子と泳ぎました。うーん幸せ~
すぐ海がある生活っていいよなあ。

Posted by: taeko | 2009.08.12 at 06:27 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 穫れたて | Main | 撮影終了 »