« 縁(えにし)の輪 | Main | ゴジラの父!? »

2009.05.26

お披露目

2年前、世界遺産に登録された島根県の石見銀山。

石見銀山天領太鼓さんのご依頼で
去年からこの地に何度か足を運び、新曲を2曲
創作し、先日初演されました。

そのうちの1曲が


Dragon's Blood
〜龍の系譜〜


かつて、山に立ち上る霊気の違いで
そこに眠る鉱石の種類を見分けた「遠見の法」。

ここは龍の霊気だったことから、銀鉱山であることが
知られたとのことです。

鉱脈は縦横無尽に走っていて、
その様をコロラド州ではDragon's Bloodと呼ぶそうです。

国が違っても銀について龍を象徴させるところが
面白いですね。

その話を聞いて、すっかり興奮して、曲名を
「Dragon's Blood〜龍の系譜〜」としました。

何代にもわたって掘り進められた
鉱脈が細長く縦横無尽に走る様と、
石見の銀を中心として関わった、
時代と国境を超えた多くの魂の繋がりが
重なって「系譜」に見えてきたのです。


地球の胎内から取り出された黒い鉱石が
磨かれて光り輝く様は、「潜在的な可能性」を
感じます。

この系譜の一端は、現在を生きる太鼓打ち達を通して
未来に広がり連なってゆく。

そこにはきっと多くの可能性が秘められていることでしょう。

今後世代を超えて叩き継がれ、曲として成長
する様子を、自分が死んでからも
この系譜の一端に腰掛けながら
眺めていたいですね。

だってやっぱり”Ryuつながり”ということで。

|

« 縁(えにし)の輪 | Main | ゴジラの父!? »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 縁(えにし)の輪 | Main | ゴジラの父!? »