« January 2009 | Main | March 2009 »

2009.02.25

トワイライツ

鶴田真由 さん出演の舞台、トワイライツ
観てきました。

真由さんとは久々の再会。

「篤姫」を観たときも感じましたが

舞台でも更にたおやかさが
増しているようで、素敵でした。


テーマは「恋愛」とのことですが
同人物のいくつかの生、つまり
輪廻やパラレルワールドと思わせる
時空を、3次元の舞台に
詰め込んでいます。

なかなか手の込んだ脚本ですね。

「わかっちゃいるけどやめられない」

とか

「なんでかわからないけどこうなっちゃう」

とか

そういうことって、この芝居のように
自分のパラレルワールドの生を
見ることができたら
どうなるんだろうなぁ。。。

でもこんないくつもの生を毎日演じているなんて
役者さんも精神的に相当ハードじゃないのかな
(~_~;)

| | Comments (0)

2009.02.18

Flow

いつもと変わらず

穏やかな朝を迎えました。


いつもと変わらず

霜を踏み大地のパワーが

胸を広げて太陽のパワーが

いっぱいに流れ込んできます。


少しだけ透明になったような感じ。


嬉しい事も悲しい事も


うまくいってることも

うまくいってないことも


まるで飛行機の窓から眺める

川の流れのように見えてきます。


そしたら少しだけ透明になった

ココロとカラダで

川の中へ飛び込みましょう。


何が大切かという問いに正直であれば

流れに任せながらでも

いつもと違った日常に見えてきます。


そんないつもと変わらないことが

なんだか幸せな朝でした。

       〜◎〜

僕と同じ誕生日のオフィシャルウェブサイト
(携帯では表示できない場合があります)

今日で1歳になりました。

ご意見、ご感想、ご要望などお寄せくださると

嬉しいです。

| | Comments (6)

2009.02.15

森山開次作品集

去年末は大劇場でシンデレラを観た

新国立劇場。

その小劇場でダンサー、

森山開次さんの公演がありました。

能楽師の津村禮次郎さん関わる

3つの作品を集めたもので

どれも音楽にこだわっている

感じで興味深かったなぁ。

      〜◉〜

ところで、僕は’07’08 の夏、

佐渡での薪能に出演しました。

そして今年の組み合わせは、なんと!

津村禮次郎(能)
森山開次(ダンス)
金子竜太郎(和太鼓)

薪能というシチュエーションとしては
かなり異端なものですね。

なんかすごいコラボになりそうです。

| | Comments (1)

2009.02.11

井の中の…

先日ある会社の社長さんと

「井の中の蛙、大海を知らず」

続きの話になりました。


あまり詳しく知りませんが

諸説あって

〜されど天の広さを知る。 
〜されど空の青さを知る。
〜されど地の深さを知る。


のような雰囲気で続くそうですね。


大海は縦横に広がるベクトル。

天地は上下を貫くベクトル。

コントラストが印象的です。





でも、真面目に話しているときって

なぜか同時に下らないことが

頭に浮かぶんですよねぇ。

そういうことありませんか?




胃の中もかまわず タイ米を食らう…とか。

大海や 蛙飛び込み うわ!しょっぱい…とか。

そんなときイマジネーションの乏しさに

己の限界を感じます。



でも限界は越えるためのものですから

井を知った蛙 大海を知る…かもなぁ、とか。

| | Comments (3)

2009.02.03

内 or 外?

豆まきのときの

みなさんの土地では

どう唱えますか。


やっぱり「福は内、鬼は外」が

一般的なんでしょうか。


でも他にもあるらしいですね。


「福は内」(成田山新勝寺)

「福は内、鬼は内」(藤岡市鬼石地区)

「福は内、鬼は内、悪魔は外」(鬼鎮神社)



僕は「鬼は外」というと

どうも心に違和感が残るんです。


鬼は人の心の何かを

象徴させているのかも

しれませんが

ただなんとなく憎めない存在

みたいな気がしてるんですよね。

藤岡市バージョンにしようかな。。。

| | Comments (4)

« January 2009 | Main | March 2009 »