« November 2008 | Main | January 2009 »

2008.12.24

聖なる日に神童の響きを

最近、改めて聞き直しているCD

があります。

1941年生まれ。1948年初のリサイタル。
1955年ジュリアード音楽院に無試験で入学。
1957年自殺未遂(真相は不明)。
1999年急性心不全で亡くなるまで
      脳障害が回復せず在宅療養を続けた。


”神童”と呼ばれたバイオリニスト
渡辺茂夫 さん、その人のかつての録音です。

悲劇の〜とか不遇の〜とか言われたりしますが
そうした見方もできるでしょう。

しかし、磔になったイエスがそうであったように
彼もまたこの世に生まれた使命を全うした
と思いたい。

この世に残ったCDは福音かもしれません。

メリークリスマス☆

| | Comments (0)

2008.12.23

シンデレラ

5月にセルリアン能楽堂でご一緒した
酒井はな さんが主役の
”シンデレラ”を観に行きました。

舞台機構や奥行きを生かした演出、

華やかな舞台美術に対して控えめな照明。

シンプルな構成(音楽の構成によるものかな?)。

伴奏として申し分ないオケ。

さすがですね〜。

個人的には群舞のフォーメーションに

現代的な工夫を施しても面白いかなと

思いました。

はなさんはきっと時代が違って生まれても

踊っている人のような気がします。

クリスタルブルーの空気をまとっているような、

激しい振りの中に静謐があるような

素敵な踊りでした。


関連記事

http://ryu-chang-dong-teke.cocolog-nifty.com/syabelog/2008/05/post_3e8f.html

| | Comments (0)

2008.12.14

太鼓盗難!?

中国を楽器車で移動中、

食事で車を駐車場に止めました。

その後、楽器車に戻ると、なんと

太鼓がすべて盗まれていたのです!!

それどころか車の部品も盗まれ残っているのは

骨組みとハンドルだけ。。。

車より太鼓の盗難ショックで大泣きしました。



そこに僕の太鼓を積んだ

ピッカピカのワインレッドのワゴン車を

ガネーシャ が運転してきたのです。

もう、それはそれは安堵しました。

うれしさと安堵でまた号泣。

そんな自分の嗚咽で

夢から覚めました(T_T)








| | Comments (5)

2008.12.04

Dr.Jazz

愛知でのプライベート・ワークショップ
の際、久々に会った兄に、Libra(りぶら)という
岡崎市の施設に連れて行ってもらいました。

図書館を中心に音楽やバレエのスタジオが
あり、防音は、和太鼓でも問題なさそうな
かなりしっかりしたもの。

この綺麗で整った設備を格安の値段
で借りられるそうです。
うらやましいぃ〜。。。


そして特筆すべきは
内田修ジャズコレクション展示室です。

内田修氏は岡崎市出身で、外科医。

日本ジャズ界の大御所たちが、まだ
若手のころから支援してきた方で
多くの才能を発掘しています。

その内田氏が寄贈したたくさんの
レコード、書籍などの資料を視聴できます。

中でもプライベートで録音されたテープは
まさにここでしか聞けない貴重なもの。

例えば、渡米前の秋吉敏子さんのライブや
内田氏の病院にあったドクターズ・スタジオ

での日野皓正さんの演奏は、ともに
1960年代のもので、すばらしい演奏でした。

内田氏と深い交流があり、去年亡くなった
パーカッショニスト、
僕も尊敬する
富樫雅彦さんのドラムセットの展示も
ありました。

思いがけず充実したひととき。
またゆっくりと行きたいなぁ。

  

| | Comments (0)

« November 2008 | Main | January 2009 »