« 完成 | Main | 阿佐ヶ谷ジャズフェスティバル »

2008.10.20

担ぎ桶ワークショップ

Katsugi

4年連続となる和歌山は御坊市でのワークショップ。

今回は合宿での担ぎ桶太鼓のワーク。

和歌山はもとより愛媛、京都、岐阜、東京など遠方から

のご参加もあり、うれしかったです(^^)

 


基本的なことを中心に、音色の打ち分け方や動作と

重心バランスなど、シンプルかつ深い基礎作りとなる

盛り沢山の内容で、あっという間の2日間でした。


担ぎ桶の両面高速連打(通称”ダバダバ”)は、

かっこよく魅力的で、今や多くの方々が取り入れて

いらっしゃいます。


 

反面、それが単なる演出効果として

「ファッション化」してしまう危険もあるのではないか、

と余計な心配をしたり

この打法を和太鼓ではじめた一人として

勝手に責任(というほどのものじゃないですが)を

感じたりしてました。


それはチャッパに関しても同様ですが

僕なりの気持ちや考え方、そして体系化していることを

ワークショップという形で直接シェアーできることは

とてもうれしいことです。

またこういう機会があるといいな〜。


関連記事

http://ryu-chang-dong-teke.cocolog-nifty.com/syabelog/2007/03/in_9e61.html

http://ryu-chang-dong-teke.cocolog-nifty.com/syabelog/2005/02/ws__213.html

|

« 完成 | Main | 阿佐ヶ谷ジャズフェスティバル »

Comments

お疲れ様でした!
またこういう機会、必ずあるでしょう!
その時はまたよろしく!

Posted by: K-BEAT HARA | 2008.10.20 at 10:34 PM

楽しそうですね~

もし近くで開催されたら参加したいですね。

…お前が主催しろって?

最近、どちらかといえばWSの主催者寄りの活動ばかりなので、できれば完全に一参加者者としてゆるゆると参加したいですねdrama

Posted by: さとりん | 2008.10.29 at 08:56 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 完成 | Main | 阿佐ヶ谷ジャズフェスティバル »