« September 2008 | Main | November 2008 »

2008.10.30

学校公演

Hokuto

札幌北斗高校での公演。

ゲストに馬頭琴の嵯峨治彦さん、そしてなんと

吹奏楽部の皆さんとの共演も!


曲は吹奏楽経験者ならご存じ

「アフリカン・シンフォニー」(なつかし〜)。

華やかな吹奏楽の響きでオープニングを飾って

いただき、2部で嵯峨さん登場。


今気づいたけど嵯峨さんと2人だけでの

演奏は初めてでしたね(^_^;)


2人での”蒼き風”はベースリズムを刻む太鼓の

音程に馬頭琴のキーを合わせての演奏で

とってもいい感じでした。



独立後初の学校公演。約1000人の

生徒さんたちを前に、たった一人で

どうかな?と思ったけど皆さん

良く聞いてくれて気持ちよく

演奏できました。

| | Comments (1)

2008.10.28

阿佐ヶ谷ジャズフェスティバル

今年で5年目になるという
阿佐ヶ谷ジャズフェスティバル。

山下洋輔さんのゲストとしてDUOしました。

例年は神社の神楽殿でかがり火を焚いていたそう
ですが、今年は改修工事のため、向かいにある
小学校の校庭に設けた特設ステージが会場でした。

洋輔さんは札幌から会場に直行。
4~5分の打ち合わせでプログラムを決めて
早速1時間ステージを2セット。

野外だし周辺は普通の街。
演奏中も人の声、救急車のサイレン、カラスの鳴き声、、、
いろんな音が聞こえます。

かつて音楽は周辺の音とともにあったとは思いますが
都会の音というのは微妙ですね(^_^;)
お客さんが気にならなければよかったのですが。

洋輔さん、終演後すぐ次の公演地に行くから

「ケツかっちん(終了時間厳守)」

というので

「じゃあまだ終わってなかったらお先にお帰り下さい」

と冗談を言いつつ2セット目を終え、羽田空港に

すっとんで行きました。

僕は洋輔さんと入れ違いで札幌へ向かいます。

| | Comments (0)

2008.10.20

担ぎ桶ワークショップ

Katsugi

4年連続となる和歌山は御坊市でのワークショップ。

今回は合宿での担ぎ桶太鼓のワーク。

和歌山はもとより愛媛、京都、岐阜、東京など遠方から

のご参加もあり、うれしかったです(^^)

 


基本的なことを中心に、音色の打ち分け方や動作と

重心バランスなど、シンプルかつ深い基礎作りとなる

盛り沢山の内容で、あっという間の2日間でした。


担ぎ桶の両面高速連打(通称”ダバダバ”)は、

かっこよく魅力的で、今や多くの方々が取り入れて

いらっしゃいます。


 

反面、それが単なる演出効果として

「ファッション化」してしまう危険もあるのではないか、

と余計な心配をしたり

この打法を和太鼓ではじめた一人として

勝手に責任(というほどのものじゃないですが)を

感じたりしてました。


それはチャッパに関しても同様ですが

僕なりの気持ちや考え方、そして体系化していることを

ワークショップという形で直接シェアーできることは

とてもうれしいことです。

またこういう機会があるといいな〜。


関連記事

http://ryu-chang-dong-teke.cocolog-nifty.com/syabelog/2007/03/in_9e61.html

http://ryu-chang-dong-teke.cocolog-nifty.com/syabelog/2005/02/ws__213.html

| | Comments (2)

2008.10.15

完成

石見天領太鼓さんでの新曲創り

1曲できあがりました。

笛や鉦、チャッパなど使わず太鼓のみ。


リズムや音色が重なってうねっていくのって

なんて気持ちいいんだろうねぇ。

でも一人での演奏のときも頭の中では

組太鼓並みに広いダイナミクスを感じながら

演奏していたことに、今回作曲しながら

気がつきました。

新曲お披露目はいつかな?

その前に曲名考えないと(汗)


関連記事

http://ryu-chang-dong-teke.cocolog-nifty.com/syabelog/2008/07/post_d519.html#comments

http://ryu-chang-dong-teke.cocolog-nifty.com/syabelog/2008/04/post_a7fa.html

| | Comments (0)

2008.10.07

おもてなし

鼓童研修所での集中稽古。

風呂、トイレ、食事以外の時間は

夜10時過ぎまでみっちりやります。


毎回心のこもった手料理を振る舞って

くれます。今回の最終日前夜、小道具もあり

旅館のような晩餐。びっくりです。

Bansan
刺身も研修生がさばいたそうです。


いや〜感激ですねぇ〜。




Sinagaki
上の写真で僕が手にしている紙。筆の手書き by 研修生



ここまでやられると、もう少し詳しく教えて

あげようかな、なんてゲンキンなこと

思っちゃいましたよ(^_^;)

| | Comments (1)

2008.10.03

懐古

久しぶりに自分が通っていた幼稚園の前を

通りがかりました。周りはかなり変わっていたけど

幼稚園とそのとなりの公園はほとんど

変わっていませんでした。



かけっこでどうしても勝てない子がいたな、、、


大太鼓やりたかったのにじゃんけんで負けて

トライアングルになっちゃったな、、、



あのときが初恋だったのかな、、、



いろんな記憶が蘇ります。






自転車で「じぇっとこーすたぁぁあ!!」とかいって

滑走していた公園の富士見丘は、階段6段しかない

高さだったのには笑いました(^^)


| | Comments (0)

« September 2008 | Main | November 2008 »