« August 2008 | Main | October 2008 »

2008.09.22

Sapporo Music Session 2008

3年連続企画ということで、今年が最後のSMS。

洋輔さん、梅津さんは言うまでもなく

素晴らしかったですが、プロを目指している地元の

サックスプレーヤー、寺久保エレナ とのセッションも

なかなか楽しかった。

打ち上げのとき洋輔さんが彼女にいろいろ

インタビューやアドバイスしているのが

微笑ましかったなぁ。

若干16歳、今後が楽しみです。

Sms08




SMS関連記事

http://ryu-chang-dong-teke.cocolog-nifty.com/syabelog/2007/09/sms07.html

http://ryu-chang-dong-teke.cocolog-nifty.com/syabelog/2006/10/sapporo_music_s.html

| | Comments (1)

2008.09.18

トップページ

今日はホームページの更新日。

トップページを開くとこれまでと

違う音が聞こえてきますよ♪

| | Comments (1)

2008.09.11

「みる」こと

8年連続200本安打まで

あと10本に迫ったイチロー選手の

言葉として


”(ボールを)なんとなくとらえる”



”野球のボールの大きさではとらえずに、
     意識の中でボールを大きくする”

               (MLB公式サイト 9月11日)

というのがありました。





演奏時でもこの二つのことは

結構使います。

また精神面にも大きく影響していて

舞台に立つときの意識状態と共通しそうです。


この言葉の意味するところは

とても広く深いですね。



それにしても記録達成まであと10本となると

記録そのものには興味ない僕も

つい手に汗握ってしまいます(;゚∇゚)


Cocolog_oekaki_2008_09_11_20_01

*古代の漢字です。

| | Comments (1)

2008.09.06

独立記念日

昨日9月5日、お陰様で鼓童から独立して

1年が経ちました。

独立後も応援していただいている皆様

ありがとうございますm(_ _)m


やりたいことは山ほどあるけど

やれることを一つ一つ、ゆるりとやって

いきたいと思います。

今後ともどうぞよろしくお願いします。



そんな昨日は、「お寺DEコンサート」。

会場になったのは日蓮宗のお寺ですが

ご主催は、宗派を超えた会によるもの。

お客様もいろいろな宗派の方々、また近隣の

一般の方もいらして下さり

満員御礼でした。


独立直前に創作能”佐渡の日蓮”に参加し、独立後

初めて佐渡で演奏したのが、やはり再演となった

”佐渡の日蓮”。

そして1周年は日蓮宗のお寺で。

ちょっとご縁があるのかな(^_^)

| | Comments (8)

2008.09.04

劇場のチカラ

今回演出も担当していた僕は、舞台上に

客席を設置して舞台エリアをつくる

「舞台上舞台」という

スタイルにしました。

ダンスとのコラボだと、特に「場」が持つパワーや

特徴が大切です。

特徴の一つとして奥舞台(通常の舞台の奥にある

舞台スペース)があり、そこも使って十分に

奥行きも出せました。

そして客席の配置、特にサイドにくる席の

長さと角度が場の空気を

左右するので気をつかいました。



観客は、ダンサーの指一本の微妙な表現や

筋肉の躍動、太鼓の微細な響きと

床から伝わる迫力の振動など

通常の客席では味わえない世界を体験できます。

また演者は、観客の反応などが手に取るように

感じられるので、双方影響し合いながら密度の濃い

時間と空間を作り出せます。

僕はいつも5つ太鼓を並べている太鼓群を

水平にセットした平胴大太鼓を中心に

ばらばらに置き、自ずと移動が強いられるという

配置を試みました。


今回の会場は

砂川市地域交流センター ゆう

駅と直結していて、小振りながら

ロビー、客席、舞台機構、楽屋に至るまで

よく考えられた造りで、観る側、演(や)る側双方に

やさしく、またイメージを刺激してくれる劇場でした。


バブルのころ、地域の人口を無視したようなキャパ

で、建築物としてはユニークだけど、使う人間に

配慮がないホールが増えたような気がします。

また「多目的」という名の「無目的ホール」

たくさん見かけましたが、そういったホールには

演者としてパワーを感じません。

それは劇場スタッフの在り方にもあらわれてしまいます。


僕が”鼓童{01}”という舞台を演出したとき、

劇場のパワーを感じるところを探して選びました。


そうした意味で、劇場スタッフと

ボランティアの方々(社長さんが多い!)

の仕事もすばらしく、まだ1年しか経っていない

劇場ですが、今後の発展が楽しみです。

よい舞台は表方と裏方の

チカラが合わさってこそ

ですからね。

Sunagawa
劇場、ボランティア、通訳など各スタッフさんと。
前列中央がダンサーのリカルド。お世話になりました!

| | Comments (3)

2008.09.03

たたくダンサー

Ricardo

ブラジルのダンサー、リカルドとリハーサル。

その合間に彼がたたきました。

サンパウロの太鼓グループでたたいたことがあるとか。

なかなか決まってますね。

太鼓とダンスの即興コラボ。

今日本番です。

| | Comments (0)

« August 2008 | Main | October 2008 »