« 教えることは学ぶこと | Main | 深イイ言葉 »

2008.08.02

光の玉

Hikari

これが一番ハッキリ映った一枚。

僕の頭のところをはじめ、あちこちに大小様々な

光の玉が映っています。

太鼓叩くとこういうのが集まるんです。

ここの周辺は森なので特に集まりやすい

のかも。


インドの人はこれを"angel"と呼んでいました。

太鼓楽しんでくれてるのかな。


|

« 教えることは学ぶこと | Main | 深イイ言葉 »

Comments

高校時代は3年間写真部だったので、こう言うの科学的に気になります(^^ゞ
…でもそう言う話って、大概、夢のない話になってしまいますからね。

叩いてたら、僕の周りにもangel集まってきますかね(^^)

Posted by: GYUTARO | 2008.08.03 12:39 PM

初コメントです。たぶん・・・
鼓童のときから応援しています。

光の玉は、私や、友達の間では、喜び玉と言っています。きっと、いいことありますよ。

Posted by: のりさんママ | 2008.08.03 11:08 PM

凄いですね。素晴らしい音がこの世を超えたものたちを感動させているんでしょうね。
森の精でしょうか。。。

Posted by: のりこ | 2008.08.05 01:51 AM

>GYUTARO さん
こういうのデジカメのほうが写りやすいそうですが、なんででしょうね。

>のりさんママ さん
楽しい表現ですね。ちなみに菱形や色付きのが写ることもあるんですよ。この写真のも拡大すると3重の輪になっていて、グリーンや紫の光を放っています。

>のりこ さん
”もののけ姫”に出てくる木霊(こだま)ちゃんかな?(^-^)

Posted by: りゅうたろう | 2008.08.05 08:44 AM

そうです、そうです。それを考えていたんですが
ちょっと言葉が出て来なくって。。。
木霊っていうんでした ね。

Posted by: のりこ | 2008.08.05 09:41 AM

私自身はこの様な光の玉を自分の目で見た事がないので、私の知識の範囲で科学的な説明はつきますが、夢のない話になりますね(^^ゞ

でも、肉眼で見えて尚且つ画像に残せるものでしたら、私の常識の及ばない世界と言う事になりますので、それはそれで夢があっていい話です!

いずれにしろ肉眼で見てみたいです(切望(ToT))

Posted by: GYUTARO | 2008.08.05 09:43 AM

竜太郎さまは、お優しいから霊がよってこられるのでしょうね。友人の話によりますと、これらの霊は決して悪い霊ではないそうです。

私の友人の中にも、とてもお優しい方がいらして彼女の周りにも同じような光の玉がいっぱいついている写真がありました。

Posted by: Emi | 2008.08.07 01:21 AM

通りすがりでコメントさせて頂きます。
すばらしい活動されていて大変感銘を覚えました♪
ただ
光の玉について一例をお教えたく思い、コメントします。

よく言われる光の玉は、ほぼ
空中に漂う埃が、ストロボに反射してピンボケで写っているのが殆どです。

ただ
言霊だったりオーブと思えば、
誰にでもそうなんだと思います。
それらは、いろんな形でいろんな方法で世に現れるんだと思うので、
どんな人間でも目の当たりにする機会がやってくるでしょう~


Posted by: TA-1 | 2008.08.18 08:08 PM

まゆつば系のネタをここにエントリーするのはちょっと迷いましたが、やはりここでは深追いせず、人類の「現象の仕組み」を知る観察力と「現象の意味」を知る洞察力の更なる進化を楽しみにしておくこととしましょう(^^)
コメントありがとうございました〜☆

Posted by: りゅうたろう | 2008.08.27 12:25 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 教えることは学ぶこと | Main | 深イイ言葉 »