« June 2008 | Main | August 2008 »

2008.07.28

教えることは学ぶこと

Wshokusyou

大学の生涯学習システム学部学習コーチング学科の

生徒さん達に特別講義。

テーマは”3R”。

すなわち「Ryhthm  Relax  Relation」としました。


和太鼓や僕のことに興味あるわけでもない

学生さんに、今日のワークはどう受け止められた

のか、いまいち反応がわかりませんでした。

約70名の学生さん達を90分間つかみきれて

なかったことは、講師としてどうかは別として、

パフォーマーとして未熟だなぁと(-。-;)


講義の内容をシンプルかつディープにするのは

当然ですが、それ以前の「内容を知りたい」という

気持ちになってもらう”つかみ”が

うまくなかったのかも。

いや〜、まさに教えるって学びですね〜。


今日の内容の一つでも彼らの心の片隅に

残っていて、将来何かの役に立ってくれたら

うれしいんだけどなぁ。。。

| | Comments (3)

2008.07.25

酔ってません

Bigrin












とあるお寺にて、

でっかい”仏りん”が。


こぉ〜〜〜ぅんんんんん…………


うっとりするような

長〜い音。

一発叩いた音は、いろいろ表情を

変えながら空気に溶けるまで

1分はかかりました。



一番いい響きを聞けるのはここ。



ああ、トランスしそうです。

しかし、端でみると馬鹿ですね(^^ゞ

注)ご住職の許可をいただいて叩いています。

| | Comments (0)

2008.07.14

君はどんな響き?

Kawakoukan

5月に破けてしまった皮 をやっと

交換できました(嬉)。

この皮がここにくるまでの命を想うと

身が引き締まりますねぇ。

ロープを一つ一つの穴に通して芽生える

新たな命を響かせましょう。


| | Comments (0)

2008.07.11

第5回のクイーンは

和田アキ子さんでした。
http://www.710.or.jp/queen/que080701b.html


そういえば和田さん、ニューヨークのハーレムにある

アポロシアターでコンサートやるんですよね。

僕は鼓童研修生時代からハーレム、クイーンズ、ブルックリン

をツアーしたい!と毎年のようにプロモーターに

話していましたが叶わず、ハーレムの小学校で一度やった

に留まりました。

カーネギー、シティーセンター、リンカーンセンター

もいいけど、そこに来ることができる客層は

限られていますからね。

アッコさんうらやまし〜!!

| | Comments (1)

2008.07.06

深呼吸

このところ作曲や秋からのライブの準備などばかりで

太鼓がケースの中で窒息しそうです。

今日は全部ケースから出し、台類も

バチ類もすべて陰干ししました。


風を受けて気持ち良さそう。

それを見ていて、こっちもゆっくり

深〜く深呼吸。

気持ちいい〜!!





| | Comments (0)

2008.07.02

三度目の石見

先月末に、島根県の石見銀山天領太鼓さんの

ご依頼で作曲をしに行きました。


事前取材で行った、世界遺産、石見銀山の採掘跡

「間歩(まぶ)」。

採掘した際にできる歴代の”ノミ”の痕が、

薄暗い岩肌に陰影をつくっています。

かなり高さのあるこの間歩では、

幾百年の間の技術革新で

堀り方が変わったことを、

地層のように、ある高さのラインから変わる

陰影の変化で見る事ができます。

 


片手にノミ、片手に鎚を握り、暗闇の岩盤に

一打一打打ち付けていた人々の

生々しい痕跡です。


暗闇で採れた黒い鉱石から輝く銀が生まれてくること。

世代を超えて採掘に関わる人々と、その銀によって

国と時代を超えたドラマが展開していたこと。

そんなノミ痕からリアルに感じたことが

曲づくりのイメージとなりました。


今回も現場で音を聞きながら、どんどん変化させ

組み立てていきました。

秋にもう一度訪れて完成させる予定です。

さて、いったいどんな曲になるのでしょう(^^)

| | Comments (1)

« June 2008 | Main | August 2008 »