« April 2008 | Main | June 2008 »

2008.05.31

楽器としてのホール

昨日、Aguriライブでした。

前回 から約3ヶ月ぶりで、これは今までで

最短のペースです(^^ゞ

さて今回は、新潟市民芸術文化会館(りゅーとぴあ)の

コンサートホールでした。

大きなホールなのでキャパ1000に区切りましたが、

それでもAguriにとっては過去最大。

更に4年ぶり2回目の新潟であるにもかかわらず

8割以上のお客様に恵まれました(嬉)。

このホール、出来立てほやほやの10年前に、

鼓童として池辺晋一郎さんの曲を初演して以来。

当時は新築らしい派手な響きだったけど

今回はいい感じに落ち着いた響きで

気持ちよく演奏できました。

ホールは演奏にものすごく影響するという点で、

楽器の一部といっても過言ではありません。

ホールによって、また同じホールでも席の場所に

よって全く違う音になるんですよ。

また、楽器と一緒でいい音で演奏されているホールは

きっといい響きになるのだと思います。


ちなみに演奏したことのあるコンサートホールの

ベスト3は、

ベルリンフィルハーモニーホール

ボストンシンフォニーホール

カーネギーホール

でした。


でも日本に一つくらい和太鼓用に残響や音質が

設計されたホールができてもいいのになぁ〜、と

いつも思うのですが、どうでしょう?

| | Comments (2)

2008.05.24

画像ありマス

「ひかり、肖像」の画像が、ダンス・スクエアという

サイトにある、とのことで見てみると

僕とはなさんのシーンのも1枚ありました。

http://www.dance-square.jp/arsm1.html






そういえば、僕のこと、”若手の能楽師”だと

思っていた方もいらっしゃるとか。。。

だったら”若手能楽師”がたたく太鼓を、その方はどう

聞いて下さったのでしょう???(苦笑)


| | Comments (0)

2008.05.21

鼓童ワンアースツアー2008

東京での鼓童公演を観てきました。

チャッパ系楽器のアンサンブル曲、

”JANG-GWARA”(竜太郎作曲)もありました。

いや〜懐かしいですね。

この曲を客席から聞く事はほとんどなかったので

なんか新鮮に聞こえました。

これから曲中で遊ぶ余裕もでてくるかなぁ〜。。。

| | Comments (0)

2008.05.18

ダンサーデビュー?

セルリアンタワー能楽堂で行われた”ひかり、肖像”。

演出・振り付けの森優貴さんが、前日の現場リハで

「金子さん、もうちょっと動いてみましょう」と

2部の冒頭部分、酒井はなさんと絡む前に、

なんと僕一人だけで動くシーンを加えてくれました。

Serurian3
振り付け追加中

さらに当日のリハ終了後、

「金子さんだけ残って下さい」と

居残りで新たな振り付けが。

ぶっつけ本番で〜す♪

いくつかの断片的な動きの間に、5〜15秒の

静止があります。

”動き〜納め〜静止”


動きの始めと終わりに心身が乱れないように。

20回くらいある「静止」の密度に変化をつけるように。

すべての動きが一連の流れになっているように。。。

そんなことを自分なりに考えてやってみました。

また自由にやってよい部分もあり、かなり楽しんで

やっていました。

Serurian2
動くのは楽しい(^^ゞ


太鼓を叩くまで、都合10分近いパフォーマンス。

僕のこと知っているお客様は

「竜太郎なにやってんだ?」

僕のこと知らないお客様は、僕が太鼓を打ち出すと

「???太鼓の人だったの?」


意外性という点での効果は十分にある

演出だったことは確かでしょう。

Serurian1
太鼓打ちダンスに目覚める?!

| | Comments (3)

2008.05.14

衣装合わせ

5月15日、16日に渋谷のセルリアンタワー

能楽堂で行われる、能、バレエ、

コンテンポラリーダンスの

コラボ作品、ひかり、肖像

初のフルキャストリハがあり

衣装フィッティングもしました。

Fitting

コンテンポラリーって感じでしょ(^^)


僕は第2部の伴奏としての出演ですが、

本編前に遊び的な動きで、なんとバレエダンサーの

酒井はなさんと、ほんのちょっとカラむことに

なりそうです。

楽しみ楽しみ!

能、バレエ、ダンスそれぞれの身体言語が、屹立したり

融合したり、ゆらぎながらコラボされてゆく感じは

観ていて飽きません。

同じ人間のカラダなのに、面白いなぁ。。。

| | Comments (4)

2008.05.13

伝統

NPO法人日本伝統協会の発足記念公演で演奏してきました。

”日本伝統”ストライクゾーンど真ん中な他の出演者の

方々の中にいて、僕の太鼓ってどうなんだろう、、、

と自分では思ってしまいますが、

お客様の感想として、少なくともボール、もしくは

デッドボールではなかったようでホッとしました。

いや、もしかしてお前のはそもそも野球でなく

サッカーだ、と思われていたりして(^^ゞ

いずれにしても、そんな僕を呼んで下さった

理事長の柔軟な感性に感謝です。

| | Comments (0)

2008.05.07

チャッパワークショプ

現在のチャッパの技術体系を創ってから

20年経ちますが、具体的にお伝えする機会は

ほとんどありませんでした。

なので、悪い事ではありませんが、

鼓童、一般にかかわらず、皆さん見よう見まねで

やっている現状でした。

そんな中、たくさんの方々からご希望をいただいていた

チャッパワークショップが、やっと実現しました。

先ずは、チャッパのルーツや

市販品と僕がデザインしたチャッパを比較

しながら、その特色と根拠などをレクチャー。



次に、基本のストロークや

たくさんあるうち7つの音色を操る具体的な

実技テクニックの伝授。

Chappaws1

秘伝の”手の内”を伝授!


そして、実技を活かしての簡単なアンサンブル。


”初級入門編”という感じで

あっという間の2時間でした。


やってみると、お伝えできる事は、まだまだ

たくさんあるなぁと言う感じ。

そして、意外と楽しかった!


ご興味ある方は、夏の太鼓カレッジ でも

予定されてますので是非ご参加ください。

| | Comments (2)

2008.05.05

大ショック!!

昔、ツアー中に、太鼓のカバーを開けたら皮が破けていた、
という夢をよく見た時期があります。

実際、2ヶ月のツアーで2枚破いたことがあったころです。
このときの目覚めの悪さといったら、、、
いや〜な汗かいているんですよ。

太鼓は自分の音に育てるまで時間がかかります。
皮は消耗品とはいえ、いつも気を使って接しているので
特にカワイイ(シャレじゃありません)んです。


それが今回、あの悪夢が現実に。。。



Kokodesu
が〜〜〜〜〜〜〜ん!!!


さっき食べた昼食を消化していた胃も停止。

幸運なことに、浅野太鼓さんのイベントで
来ていたので、専務自ら応急処置を
してくださいました。

Oukyusyochi

「これは寿命だ。よくここまで叩いてもらったね。」

、、、というお言葉が救いでした。

新品から自分が育てた皮ではないし、叩いていて
破けたのではないけれど自分が使っているのが
破けたのは17年ぶりです。

寿命まで叩ければ、皮を貸してくれた動物も
成仏してくれるでしょうか。。。horse

| | Comments (1)

2008.05.01

さつき

今朝、日の出の時間からさわやかな風が吹いていて

「5月みたいな陽気だな」とか思ったけど

今日から5月でした(笑)。


今月は各地点々と旅をして

千葉には1週間くらいしか

おりません。

鼓童時代には、やっていなかった

チャッパのワークショップや能楽堂での

コンテンポラリーパフォーマンスの伴奏音楽、

そしてコンサートホールでのAguriなど

初めての事が沢山の刺激的な旅になりそうです。

詳細はホームページにて。

乞うご期待!!







| | Comments (0)

« April 2008 | Main | June 2008 »