« March 2008 | Main | May 2008 »

2008.04.22

古巣

一週間ほど佐渡に行ってました。

独立後、研修所には何度か講師として

行ってましたが、メンバー対象としては

初めてだったので、ちょっと緊張しました。


なんかね、何かに付け

「勝手知ったる」なので

カラダが動こうとしてしまうのです。

例えば、メンバーならご飯をよそうのはセルフで

やるのだけれど、立場上、上げ膳据え膳に

甘んじるのが筋というものですが、

つい自分でやろうとして、思いとどまります。


でもメンバーのほうも、僕が食堂にいても

なじんでしまって、気がついてくれずに

立ち往生する場面がありました。

そんな微妙なズレを

苦笑しながら、

「20年いたんだものなぁ」と

遠い目になったのでした。。。











| | Comments (1)

2008.04.11

世界遺産

佐渡金山とともに名乗りをあげていて、

去年、世界遺産に登録された、島根県の

石見銀山 (いわみぎんざん)に取材で行ってきました。

石見といえば素晴らしい神楽があります。

また、鉱山を掘るときに出る水をくみ上げる際

唄われたという”巻上げ節”は、すごく洗練された

美しいメロディーで、Aguri でも

アレンジしてやらせていただいたことが

あるんですよ。


 


今回初めて知ったのですが、現在は閉山しているにもかかわらず、

鉱山にありがちな禿げ山ではなく、

しっかりと緑が根付いています。

それは当時の人が、植林をしてきたからとのこと。

世界を動かすほどの規模の採掘をしながら、

植林も施す。

大規模ゆえだったのかもしれませんが、

そういう

知恵と行動も

無形世界遺産(?)にしたい

ですね。


| | Comments (1)

2008.04.04

Pay Forward

今日電車の中で、中学生くらいの女の子が
「ちょっと席をとっておいて下さい」と隣の見知らぬ人に
声をかけて席を立ちました。

車両の端まで行ったようで、友達でも
いたのかな、と思ったら
妊婦さんを連れて来て座らせてあげたのです。

僕はその娘を抱きしめてあげたくなりました。

きっと回りにいた人たちも何かを感じ、それがまた
誰かへの親切に広がってゆくことでしょう。

そして巡り巡って、何倍にもなってその娘に
帰ってゆきますように。


Today I saw a girl who looked like
a junior high school student.
She said to a stranger sitting next to her,
"Please watch me seat." for a while, and left.
I thought that maybe she went to
the end of the car to see her friend.
But it turned out that there was a pregnant women
and she wanted to give her seat.
That scene made me want to hug her.
The people who saw it must have felt something and
will be kind to other people.
I hope that it comes around to her happiness.

| | Comments (2)

« March 2008 | Main | May 2008 »