« 鼓童12月公演 | Main | 2008 »

2007.12.26

クリスマスでしたね。

今年のイブは満月と重なりました。

森林浴とか月光浴とかいうのが流行ったこと

がありますが、ココロとカラダのSOSに耳を傾ける人が

増える一方で、SOSの表現の仕方がうまく行かず

自分や他人を傷つけてしまう悲しい出来事も

増えているようにも見えます。

聖書の中に、僕が心惹かれるイエスの話が

いくつかありますが、月を眺めていると、なぜか

イエスが死んだとは思えなくなるんです。

というか、実在したかどうかなんて

関係なくなってくる。

フィクションであってもノンフィクションであっても

その物語が自分の心にどう響いたのか。

それはなぜか。

ということだけが感心事です。


今の時代にイエスがいたら、すぐに小さなことに囚われる

僕たち迷える子羊になんと言うだろう。


そんなの関係ねぇ〜!!

って、あの振り付けで一蹴してくれたら

いっそ気持ちいいかも、、、

などと、まんまるお月に向かって

救世主を想うイブの夜でした。

|

« 鼓童12月公演 | Main | 2008 »

Comments

少し遅れの『メリークリスマスでしたね、竜太郎さん(*^_^*)』
恐れながら、竜太郎さんの記述に一ファンの想いをのせて引用させていただきます~。

・・・月を眺めていると、なぜか竜太郎さんに会えないとは思えなくなるんです。
というか、お会いできるかどうかなんて関係なくなってくる。
夢であっても現実であっても
その竜太郎さんの太鼓が自分の心にどう響いたのか。
それはなぜか。
ということだけが感心事です♬

Posted by: calling you | 2007.12.27 at 12:34 PM

竜太郎様

今年も残りわずかとなりました。
いかがお過ごしでしょうか?

私は少々ナーバスになっておりますので
聞いてくださいませ。
私の大好きなフィドラ-Martin Hayesさんが
来年の2月に来日され、東京と神戸にて公演を
予定されます。

そのチケットの購入方法なんですが、
12月8、9日と2日間、LAUというバンドのコンサート会場で販売し、売残ったチケットをE-mailにて13日以降に申し込むというものだったのです。

いくらチケットを買いたいからと申しましても東京で行われているLAUというバンドのコンサートに神戸から行くことはできませんもの。

神戸の会場も70人限定ということもあり、
売残っているのかどうか心配でした。

幸い、売残っていたようでしたのでチケットの方は
買うことができたのですが、ご一緒に行くお友達も
このようなチケットの販売方法には、ご立腹。
もちろん、私も正直、腹が立ちました。

Martinのチケットを買うためにLAUのコンサートには行けませんもの。

また、この招集元「The Music Plant」のHP
の中にあるブログを読んでみたのですが、
途中で気分が悪くなり読むのをやめました。

私は音楽の世界のことはわかりませんけれど
竜太郎様は、どう思われますか?

Posted by: Emi's house | 2007.12.30 at 09:30 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 鼓童12月公演 | Main | 2008 »