« ひと月ぶりの佐渡 | Main | 思いに耽る秋の夜長 »

2007.10.19

動く絵

いろんな色を何度も重ねているのでしょうか。

一見だれでも出来そうでいて、実は持てる力の
全てを静かにつぎ込んでいるような深さを感じる。

個人的にも仲良くして下さっている
杉山留美子さんの不思議な絵。

今ニューヨークで展覧会 が開かれています。

じっと観ているとオーロラのように
グラデーションしながら動いてみえる。
いくら観ていても飽きません。

そのうち螺旋状に奥に引き込まれたかと思うと、
いつのまにか自分の内面を観ている感覚になりました。

坂本龍一さんとダムタイプの高谷さんのコラボで、
光をうごめく霧状のものに反射させたりする
作品があったけど、これは絵なのに。。。

この絵とコラボしたら楽しいだろうなぁ。

|

« ひと月ぶりの佐渡 | Main | 思いに耽る秋の夜長 »

Comments

今後の活動日程が分かれば嬉しいです。

Posted by: 東京から | 2007.10.23 at 02:47 AM

2月にまた北海道でライブをするとの情報が入ったのですが、本当ですか?

Posted by: gyutaro | 2007.10.23 at 04:38 PM


彫刻や絵と音楽、おもしろそう。
いつかきっと留美子さんとのコラボ実現できるといいですね。
留美子さんの絵は、様々な音程の銅の棒や盤のようなものが鳴り響きあっている空間が似合う気がします。

Posted by: ma | 2007.10.23 at 07:34 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« ひと月ぶりの佐渡 | Main | 思いに耽る秋の夜長 »