« 薪能三夜連続公演 | Main | りゅうたろうの千秋楽 »

2007.08.21

ラストステージ

8月19日、アースセレブレーション2007最終日をもって、鼓童としての
舞台活動に終止符を打ちました。

数日前の予報はアヤシイ雲行きだった19日。
龍神さまにお願いしてピーカンにしてもらいましたが、
あんまり暑かったので、曇りにしておけばよかったと
後悔しました(笑)。

当日までは、そのときを想像するだけで泣けてきましたが、
実際舞台に立つと、とても静かな気持ちでいました。

それは20年間のすべての喜怒哀楽を飲み込んで、
純粋な感謝のみに昇華されたような感覚でした。

演奏ではタブラの名手、ザキールフセインとの一騎打ちが
特に楽しかった。リハはサウンドチェックとエンディングの確認のみで
5分で終了。

数年前、やはり一騎打ちでセッションしたフリージャズの父であり伝説のドラマー、Milford Gravesのときと同じワクワク感がこみ上げてきました。

こんな巨匠の胸を借りて、子供になって遊ばせてもらい、打楽器奏者冥利に
つきます。こういった数々のセッションの中で、僕はホントに多くのことを学ばせてもらったのだ、と改めて思いました。

それと対象的に鼓童の若手、坂本雅幸と僕とで”族”の太鼓群のバトルが
ありました。彼が何をつかんだかわかりませんが、稽古では伝えられない
何かを感じてもらえれば、これまで僕と共演してくれた巨匠たちに申しわけが立つ
というものです。

すべての演奏が終わり、感謝を込めてバチを客席に投げ、担いでいた太鼓を舞台に置き、その上に法被とハチマキを置きました。

皆さんの声援の中、袖にはけて行く歩みは、
もう未来へ向かっているようでした。

僕の心は、とてもすがすがしく晴れやかで、最後の姿として

そういう自分でいられたことは、よかったと思います。

鼓童内部を含め、鼓童を通して出会ってくれた演奏者に、スタッフに、

お客様に、全ての方々に、そして佐渡が島とGreat spiritに心からの感謝でいっぱいでした。

ありがとう!!




|

« 薪能三夜連続公演 | Main | りゅうたろうの千秋楽 »

Comments

僕も一言。
「竜太郎さん、ありがとう。」
これからの活躍、応援いたします。

Posted by: さとりん | 2007.08.21 at 03:19 PM

鼓童としての、最後の舞台見ることはできません
でしたが、その様子は目に浮かぶようです。
今後も太鼓奏者金子竜太郎を、しっかり応援して
いきたいと思います。20年間お疲れ様でした。

Posted by: 道産子親父 | 2007.08.21 at 03:57 PM

仲間の勧めにもかたくなにお会いする事を拒んだEC期間でしたが、最後の最後、ECショップで私の後ろをかすめて去っていく竜太郎さんをお見かけした瞬間に一気に後悔が押し寄せてきました。
これから先も竜太郎さんの活躍を楽しみにしております、まずはアルバム!お願いしま(^す^)!!

Posted by: じっちゃん | 2007.08.21 at 05:28 PM

20年間ご苦労様でした。
竜太郎さんの鼓童としての姿をもう見ることが出来ないと思うと寂しい気持ちでいっぱいです。
これから新しい金子竜太郎さんの活躍を期待しています。

Posted by: 鼓僧 | 2007.08.21 at 05:38 PM

お疲れ様&明るい未来に万歳♪

寂しくない、と言ったら嘘になるけれど・・・。
これからのりゅうさんも拝見させていただきますよ!

Posted by: 遊鼓 | 2007.08.21 at 06:13 PM

お疲れ様。
新しい未来にむかってまた歩み出す。
別れと巣立ちは同じ瞬間に訪れるもの。

また連絡します。

Posted by: K-BEAT HARA | 2007.08.21 at 07:41 PM

竜太郎さん!お疲れ様でした。最後の法被姿を涙涙のすき間から必死に見届けました。竜太郎さんの姿は本当に晴れやかでした。今までたくさんの感動をありがとうございました。

Posted by: えつみ | 2007.08.21 at 08:29 PM

竜太郎さん、お疲れ様でした。
恥ずかしながら、今回のECで竜太郎さんの生演奏を始めて拝見しました。感動と後悔が一度に押寄せてきます。
もっと早く出会っていればという思い・・・

未来に向かっているという竜太郎さんのこれからの御姿をいつまでも追っていきたいと、心から思いました。

ありがとうございました。

Posted by: こんさんちゃん | 2007.08.21 at 09:39 PM

お疲れ様でした!

Posted by: saga | 2007.08.21 at 11:02 PM

城山コンサートが鼓童最後のステージになると知り、
急遽、数年ぶりのECに行ってきました。
フセインさんとの一騎打ちはもちろん、
最後の終わり方も竜太郎さんらしく、
涙と笑いとともに、しっかり目と耳に焼き付けてきました。
(「族」の後に丁寧に礼をされたのもすごく印象的でした。)

竜太郎さん、ほんまにお疲れ様でした。
これからのご活躍も楽しみにしております。
どうぞ、京都でもWSをしてくださいませ!

Posted by: なっちゃん | 2007.08.21 at 11:52 PM

WSで最後にご挨拶した者です。
今回は無理して佐渡に行ったかいがありました。
長い間ありがとうございました。
今後のご活躍を衷心よりお祈り申し上げます。

Posted by: 東京から | 2007.08.22 at 01:10 AM

97年のシアターアプルで鼓童に開眼し、翌年より毎年佐渡通い。
若さと柔軟性を持って世界中のリズムと共鳴しあう和太鼓に本当に魅了されました。
後半、竜太郎さんの姿をステージで見ることが少なくなり大変寂しかったのですが、EC最終日、坂本さんとの太鼓バトルをみて、すべてはそうやってつながっていくものなのだなあと感慨ひとしおです。今後の活動にも期待しています!たくさんの感動をありがとうございました。

Posted by: Apis | 2007.08.22 at 03:38 AM

20年間お疲れ様でした。
竜太朗さんの言葉にあるようにとても爽やかな8月19日のステージでした。
城山公園の原っぱで聞いていた私も、私の友だちも同じ気持ちであの演奏を聴かせていただいてました。
18日の夜、ずどーんと大きな天の川が佐渡の夜空に架かっていました。
友だちと「竜だね♪泳いでるね」と話しながら、前日から爽やかな気持ちを感じてました。
これからも竜太郎さんらしーい音楽の世界を。(パチパチパチパチ・・・・・パチ!)

Posted by: nori | 2007.08.22 at 09:40 AM

お疲れ様でございました。
法被と共に、肩に掛かっていた重いものも脱いで、今度はあまり着込まずに軽やかにいい音楽を作っていってくださいませ。
今後も雇ってもらって、一緒に仕事をするのを楽しみにしております。

Posted by: 同僚その1 | 2007.08.22 at 10:26 AM

竜太郎さん、本当にお疲れ様でした。城山の会場には行けなかったけど、太鼓、バチ、ハチマキ、法被を静かに置いた最後の様子が浮かんできます。これから未来に向かう竜太郎さんを心から応援します。大いなる活躍を期待しています。

Posted by: あかばな  | 2007.08.22 at 05:26 PM

お疲れ様でした。

佐渡の同じ場所にはいられなかったけれど毛糸の響きはかすかに、でも確実に届いたように感じました。

これからも竜太郎さんの生き方に触れていろんなことを感じていきたいと思っています。お体に気をつけてこれからもますます御活躍ください。

でもやっぱり「族」を生で聞きたかったあ~!!

Posted by: かおりん | 2007.08.22 at 09:42 PM

ザキールさんとの「2人千里馬」。
こういうのも、あるのだな~と、ECコラボの醍醐味を感じました。
久しぶりの演奏に、これが鼓童として最後、という感覚が浮かびません。
これからの演奏活動報告楽しみにしています。

Posted by: はっぱ | 2007.08.23 at 09:46 PM

お疲れ様でした。
とうとう一度も佐渡へ行かずに終わってしまって残念です。が、ブログを通して沢山の
素晴らしい気を頂きました。有り難うございました。今後増々の御活躍そしてブログを楽しみにしております。

Posted by: のりこ | 2007.08.26 at 09:42 AM

>コメントを下さった皆様

胸の真ん中がほかほかですo(^-^)o
ありがとう。

り◇

Posted by: りゅうたろう | 2007.08.26 at 08:33 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 薪能三夜連続公演 | Main | りゅうたろうの千秋楽 »