« March 2007 | Main | May 2007 »

2007.04.27

違いのわかる…

8月のアースセレブレーションのプレイベントで共演予定の観世流能楽師津村禮次郎 先生の能を観劇。弁慶との乱闘シーンがある役柄でしたが、こんなチャンバラをする演目もあったのか、という迫力の能でした。

どちらかといえば小柄で細身な先生。しかし舞台では体の軸が隅々まで通ったような力強くかつ透明感ある存在感を放っていました。それはおもしろいことに大柄な弁慶より強そうに見えます。

太鼓に例えるなら「大きい音」と「透(とお)る音」の違いに似ているかな。
大きな音は出やすい楽器だけど、透る音はなかなか出ないのです。
”違いのわかる男”になりたいものですねぇ。

その後、お寿司をご馳走になりながら楽しく貴重なお話を
沢山聞けました。

アースセレブレーションプレイベントでは、佐渡の野外の能舞台で3日間3カ所、毎日違う演目でしかも新作能もあります。
鼓童からは僕と笛の山口幹文が参加。楽しみ楽しみ(^^)

| | Comments (2)

2007.04.15

夢小物

僕が舞台で使用している担ぎ桶太鼓のストラップやバチ袋、
ソロ公演のときの衣装の一部をつくってくれている
佐藤澄子さんの展示会が新潟であります。

その仕事は確実で上品で気持ちがこもっています。
特に古布の生かし方がすばらしい。

今回は木を扱う職人さんとのコラボで生まれた
かんざしが中心のようです。

木と布の持ち味を活かした絶妙な調和が魅力です。

011

佐藤澄子 夢小物展 『布地と木地 』

ギャラリー さやけ
http://sayake.com/

| | Comments (0)

2007.04.14

種まき

鼓童の舞台メンバーに向けた基礎となる身体の在り方
など6つのカテゴリーに分けて集中させた年に一度の基本応用稽古。

パフォーマンス以前の基本稽古と実践に繋げた応用稽古。

最低一週間という希望も空しく撮影などの
仕事で毎年削られてしまいます(ioi)

4回目となる今年は、やはり撮影で最後の日に数人抜けましたが
なんとか一週間やることができました。

グループというものに、これまでなかった発想や方法論を持ち込み
「習慣」にまで発展させることは、ほんとに骨の折れる仕事です。

おかげで「伝える技術」について多く学びましたが
それを支えるのは愛と根気ですねぇ。

伝えるプロ「教師」という方々の苦労と喜びをほんの少し垣間みた
ような気がします。

ここでやったことをツアー中でも毎日少しづつ反復させる流れも
つくれたし、これを10年続けられたらどんな実を結べるかなぁ。。。

| | Comments (0)

2007.04.08

心にもサクラサク

桜も見事に咲き誇る新年度。
在籍20年ということで鼓童から表彰状をいただきました。

宛名も本文も全て手書きの美しい文字。
賞状もらってうれしいと思ったのは生まれて初めてです。

自分の業績とかでなく表彰してくれるグループの
心意気がうれしかった。

寝具と衣装ケース1箱だけで
佐渡に渡った時のことを思い出すなぁ。

あの日もこんな穏やかに晴れた日でした。





| | Comments (2)

« March 2007 | Main | May 2007 »