« ashes and snow | Main | メアド削除しました »

2007.02.06

本のご紹介

Article_210_92008_image1_176_176 「あ〜、あれってすごい筋力いりますよねぇ〜」と言われる和太鼓。そんなイメージを先導したグループにいながら「力を抜いて力いっぱい」というスローガンを自分に掲げて18年。当初はめちゃくちゃな試行錯誤でしたが練気柔真法に出会ったおかげで飛躍的に進歩することができました。

この練気柔真法をベースにした武術”練気武颯拳(れんきむそうけん)”の師範でもある茂呂隆氏の著書が出版されたのでご紹介します。

氏は貧しい子供のために学校をつくろうと、英語も現地語も話せないのに単身カンボジアに渡りました。しかし実情は物質的貧困より精神的な貧困が深刻で「武術を通して”武士道”の精神を伝えて欲しい」との依頼に応え、数ヶ月後には道場を開くに至るのです。

ツメを切るのを面倒くさがりながらも実行していた子が「心を強くしたい」と相談したとき、「ツメを切るたびに、勇気を持とうと思ってごらん」というシーンや、
当初はひやかしで修練に参加していた子供達とも身体を張った対応で心の交流を深めて行く様は感動的。

終止とぎれない臨場感、日本では知り得ない情報の数々は、まさに個人目線での旅人によるもの。まるで自分が旅をしたときのように「知らないこと」に出会う興奮がありました。

是非ご一読を。

http://www.bungeisha.co.jp/bookinfo/detail/978-4-286-02384-7.jsp

|

« ashes and snow | Main | メアド削除しました »

Comments

はじめまして。yamaと申します。しゃべログ楽しく拝見させていただいております。
こちらのコメントに心引かれ、カキコしました。
>「あ〜、あれってすごい筋力いりますよねぇ〜」と言われる和太鼓。そんなイメージを先導したグループにいながら「力を抜いて力いっぱい」というスローガンを自分に掲げて18年。当初はめちゃくちゃな試行錯誤でしたが練気柔真法に出会ったおかげで飛躍的に進歩することができました。

『「力を抜いて力いっぱい」』トーシローの太鼓打ちですが、この状態、とてもとても興味があります。

この「『力を抜いて力いっぱい』」、私のような素人でもそういううち方、できるのでしょうか?かなりの「鍛錬」が必要なのでしょうか?(・・・きっとそうなのでしょうが。)

ご紹介の本、読んでみたいと思います。

Posted by: yama | 2007.02.25 at 05:03 AM

>yamaさん

超マイナーな脱力系太鼓に興味を持っていただけてうれしいです(^^)
力を抜くことで音は劇的に変わります。玄人でも、もちろん素人でも。ただどんな状態が抜いた状態なのか、どうしたらそうなるのかは、体験しないとわかりません。

ゆるみワールドは奥深く、僕も日々修練です。

Posted by: りゅうたろう | 2007.02.26 at 07:23 AM

書き込みにコメントいただき誠にありがとうございます。m(__)m

>力を抜くことで音は劇的に変わります。玄人でも、もちろん素人でも。ただどんな状態が抜いた状態なのか、どうしたらそうなるのかは、体験しないとわかりません。

ヒントを与えていただいてありがとうございます。どんな状態なのか、是非いつか体験してみたいです。

Posted by: yama | 2007.02.27 at 05:19 AM

 先日Alfred Brendelのピアノの演奏を聴きにいったら、まるで自分の部屋からでてきたように舞台に上がり、一瞬も構えることなく、すらすらとまるでお茶漬けでもすするように軽々と弾いていた。それなのに、音の一つ一つに張りがあってきらきらしている。演奏が終わると、また、何事もなかったようにすたすた歩いていく。 
 80歳ぐらいの経験豊かな踊り手が、軽く指をすーつと動かしただけで、そのまわりの空気がぐわーつと動くのを見たこともある。あんな凄技はきっと、ある程度年齢を重ねないとできないものなんだろう。
  あそこまで力がぬけるようになったらほんとにすごいなあ。
  

Posted by: ma | 2007.03.02 at 03:12 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« ashes and snow | Main | メアド削除しました »