« アースビート | Main | Rock'n'Island  »

2006.11.29

フィリップ・デュクフレ

サーカスやマイムもバックボーンに持つダンサーであり、振り付けと演出もこなすデュクフレさんのソロパフォーマンス。動きとその影をリアルタイムで加工した映像を映し出し、そのクローンのような影を操ったり操られたり戯れたり。。。

映像とのコラボに興味津々の僕はとても楽しめました。

エンターテイメントって楽しいけどなんか空々しい後味が残ることがあります。またコンテンポラリーっていろんな試みに感心するけど、頭を使いすぎて単純に楽しめないものもあります。

今回のは奇想天外なアイディアも流れの良い演出でごく自然にその世界に引き込まれ、楽しく気持ちよく騙してくれました。

ダンス、音楽、照明、音響、カメラ、映像加工。6つのセクションが融合した舞台から、デュクフレさんという人間味が伝わってきて、幸せで優しい後味を残してくれました。よかったなぁ〜。。。

「(演出などが多くて?)最近自分が踊る機会が少なかったので、この公演で踊ることは自分のセラピーになっている」という言葉。そして実際とても楽しんでいる彼の姿にとても共感したのでした(^^ゞ

|

« アースビート | Main | Rock'n'Island  »

Comments

最近、所属チームの公演があり、そこで初めて一から作る舞台を経験し(構成、演出はリーダーがやってくれたのですが)、とってもワクワクしました。遅まきながら、舞台の魅力を初めて知ったように思いました。人間性や感性がすごくにじみ出るものだとも感じました。
 竜太郎さんの演出も見たいけれども、プレーヤーとしての竜太郎さんも見たい。竜太郎さん自身のセラピーと私たちのセラピーとして。

Posted by: かおりん | 2006.11.29 at 11:39 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« アースビート | Main | Rock'n'Island  »