« October 2006 | Main | December 2006 »

2006.11.29

フィリップ・デュクフレ

サーカスやマイムもバックボーンに持つダンサーであり、振り付けと演出もこなすデュクフレさんのソロパフォーマンス。動きとその影をリアルタイムで加工した映像を映し出し、そのクローンのような影を操ったり操られたり戯れたり。。。

映像とのコラボに興味津々の僕はとても楽しめました。

エンターテイメントって楽しいけどなんか空々しい後味が残ることがあります。またコンテンポラリーっていろんな試みに感心するけど、頭を使いすぎて単純に楽しめないものもあります。

今回のは奇想天外なアイディアも流れの良い演出でごく自然にその世界に引き込まれ、楽しく気持ちよく騙してくれました。

ダンス、音楽、照明、音響、カメラ、映像加工。6つのセクションが融合した舞台から、デュクフレさんという人間味が伝わってきて、幸せで優しい後味を残してくれました。よかったなぁ〜。。。

「(演出などが多くて?)最近自分が踊る機会が少なかったので、この公演で踊ることは自分のセラピーになっている」という言葉。そして実際とても楽しんでいる彼の姿にとても共感したのでした(^^ゞ

| | Comments (1)

2006.11.28

アースビート

Earthbeat_1
主催のアースガーデンの南兵衛さんからいただいたリクエストで実現した堀つばさとのduo。

全く一人での「どソロ」とはまた違った緊張感があり、持ち時間の45分あっと言う間に終わってしまいました。
出演者4組のトリとなるgocooさんのライブに一曲乱入するなどフェスティバルならではの新鮮な体験でした。

久々に和太鼓と一緒に演奏したけどやはり音の重なりは気持ちのいいものです。
なんか逆輸入的な不思議な感覚でした。
ご来場の皆様、コメント下さった方々ありがとうございました。

| | Comments (3)

2006.11.23

「も」

ちょっとしゃべログ放置してしまいました。
その間アースビート のリハを着々と進めています。

和太鼓とのduoは仙波清彦 さん(和太鼓というカテゴリーでは括れないけど)以来。堀つばさは同じ鼓童のメンバーですから同じ太鼓言語ともいえる、いわばツーカーなところがあります。反面、通常のセッションとも違い「from 鼓童」として二人の世界観にまとめるのに、けっこう産みの苦しみも。

今回は「〜でもある。」という感じかな。
鼓童でもある。男でもある。女でもある。
要するにキーワードは「も」ですかね(^^)

鼓童とはひと味違う太鼓アンサンブル。duoならではの
緊張感ある音になりそうですよ。

アースビート、前回と同じならば当日は劇場の周りで出店やライブがたくさんあります。近隣の方(もちろん遠方でも)遊びにきてくださいね。

| | Comments (3)

2006.11.05

猫の知恵?

昨日ちゅら が、連れて行った山で遭難。暗くなっても帰らないとのことで、夜中に車中泊の準備をして捜索に。しかし降ろした現場に着くとそこで待っていました。「ここにいれば来る」と思っていたのかなぁ。あぁ無事でなにより。胸があったかくなりました。

| | Comments (6)

« October 2006 | Main | December 2006 »