« September 2006 | Main | November 2006 »

2006.10.30

フラガール

ストーリーの組み立ては、よくあるものなんだけど、、、こういうのによわいんだよなぁ、、、ボロ泣きしました。しずちゃんいい味出してたし蒼井優のタヒチアンもがんばっててよかった。でも地味によかったのは編集のリズム感。よく知らないけど、それ次第で間(ま)に込める感情の深さとかも違ってくる気がする。珍しくもう一回観たいと思った映画でした。フラガール 、 オススメです。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2006.10.25

Long night

北海道を後にして岐阜の羽島太鼓さんと大賀太鼓さんでの2日間ワークショップを終え戻った佐渡は、思ったより寒い。出発から1ヶ月以上たってるんだもんなぁ。気を抜くと風邪ひきそう。

そんな秋の夜長も僕は原稿書き。鼓童通信11月号と12月公演で販売するイヤーブックの原稿を仕上げて、明日はアースビート のリハをちょっとだけやります。
皆さんはどんな夜長をお過ごしですか?

| | Comments (5) | TrackBack (0)

2006.10.16

オムサロ遺跡公園

3万年前(旧石器時代)からの遺跡が残っているオムサロ遺跡公園 に紋別を離れる前に行ってきました。なんと紋別市立博物館の佐藤館長直々のご案内。何を聞いても即答してくれるので調子にのって質問攻め。たのしかったよぉ。

2shotto_2JyuukyomaeTateanajyuukyo 
1.                    2.                   3.

Jyuukyoato_1IshiyariYarareta
4.                   5.                   6.

ShowcaseIshiono_1Yamabudou_1            
7.                   8.                   9.

1.オホーツクを見下ろす高台にある森に遺跡はある。
2.発掘された柱跡を礎に復元された家。
3.穴を掘って一段低く。室温が安定するらしい。
4.森の中にクレーターのようにいくつもの家の跡が。
5.黒曜石でできた石槍の刃。
6,うぎゃぁ!
7.盗まれた展示品の跡。ドロボーはいけません!
8.石斧。以外と容易に木を切れるらしい。
9.秋空にヤマブドウ。美味! 

 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.10.15

Aguri紋別ライブ

流氷の終着点、オホーツク海に面する紋別。小さな会場でしたがキャパを超えるAguri初体験のお客様にきていただけました。とても暖かい雰囲気でやりやすかったけど、特にお子さんがノリノリで聞いてくれているのが嬉しかったなぁ。こちらものせられてしまいます(^^)

今回Aguriでは初めてやった”アラビックセッション”は即興性が高いアラブ音階の曲。本番にならないと何が起こるかわからない「どきどき」がたまりません。epo嵯峨ちゃん と刺激し合って、たゆたって、螺旋状に昇っていって妖しい感じ。アラブ音階って魔術的というか麻薬的というかハマります。。。

それにしても魚介類のおいし〜こと!
うに!まぐろ!さば!ホタテ!おひょう(白身魚)のあら汁!海鮮グラタン!八角の幽庵焼き!お魚はしばらく結構です、というくらいいただきました。

Aguri_monbetsu

スタッフのみなさんと。
大変お疲れさまでした。
ありがとう!!

| | Comments (1) | TrackBack (0)

2006.10.11

Aguriリハ

Aguri06rh

昨日今日はよかったけれど、一昨日はとても寒くてダウンジャケット買いました。
Aguriのリハ日。モニタースピーカーがなくて太鼓は蚊の鳴くような音量で。これだけ小さい音で演奏できる和太鼓奏者は、なかなかいないでしょう。自慢にもなりませんが。。。

Agurichirasi画像をクリック!!

| | Comments (1)

2006.10.07

釧路WS

札幌から釧路、車で6時間。。。とぉおおいぃぃ。道内だとなんとなく近いような気がするけど、東京から6時間というと渋滞しなければ大阪を越してしまいますよね。

到着して早々にワーク開始。今回ちょっと違うのは聴覚障害者の方が3名いらしたこと。もちろん手話通訳ありですが、全く問題なく進行できました。

「最後に叩いたとき、手やカラダに伝わる振動が違っていた」と感想を言ってくれました。それは僕などよりとてもリアリティーがある感覚なんだろうなぁ。

いわゆる何かの「障害」を持った方と接したときって、「健常者」だと見えるが故に見えない、聞こえるが故に聞こえないこともあるってことに気がつかせてくれます。

太鼓の音を今一度カラダ全体で聞いてみましょう。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

2006.10.02

Sapporo Music Session

Sms06r_beat_1今回のRyu's beatは、嵯峨治彦さん、渡辺亮さんと。旧知の仲だけど3者でのコラボは初。亮さんのオモシロアヤシイ存在感は健在。嵯峨さんの一見ボケのようなツッコミは、ますます冴え渡り、押尾さんが大阪人らしいボケで返す一幕も。

演奏の方はもちろん大盛り上がり!押尾さんとのガチンコDUOは押尾さんのロックなナンバー"Hard Rain"。バンド時代のロック魂が蘇って熱くなったぜ、baby!!

アンコールを終えても拍手はなりやまず、席を立つ人もほとんどいない。急きょ2日目にやるつもりでまだリハをやっていなかった”アカバナー”を演奏。こういうのってライブって感じでいいなぁ。

アイルランドからのKiLAとのコラボも熱かった。客席が舞台と近く約600席程の広さだったので、お客さんの熱気もダイレクトに伝わってくる、大きめのライブハウスといった感じ。ほんと楽しかったぁ〜。

鼓童ではないところでの音楽監督ははじめてで、ちょっとキンチョーしたけど、とてもやりがいある仕事でした。

Mt_iwaki_1

 

              岩木山@新日本海フェリー                              

Tappi竜飛岬(たぶん)@新日本海フェリー

| | Comments (6) | TrackBack (0)

« September 2006 | Main | November 2006 »