« July 2006 | Main | September 2006 »

2006.08.19

風は吹いたか

”ユーラシアの風”無事終了。
そういえば、この日演奏した僕の曲は5曲。はからずもそのうち3曲に”風”が。風雷童(ふうらいどう)、蒼き風、風唄。全くタイプの違う風ですけどね。

”蒼き風”では彼らに馬、狼、そして牡鹿が雌鹿を呼ぶときの鳴き声を入れてもらいました。なんか風景がみえてくるようで演奏しながら草の匂いを感じていました。

客席にもいい風吹いたかなぁ。。。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

2006.08.17

ユーラシアの風

昨日はサハ共和国 のハトラエフ夫婦とのリハ。今日が本番です。2年越しのおつきあいだけど演奏でのコラボは初となります。東北アジアの音楽は日本ではあまり知られていないと思いますが、素朴で繊細なトラディショナルが彼らのセンスで磨きがかかり独特の世界観を創っています。特に二人で口琴を演奏しながら鳥や獣の鳴き声を同時に発する曲はまさに森羅万象、とてつもなく奥行きのある音世界に引き込まれます。リハで聞かせてもらったときもナミダものでした。
半日しかリハできなかったけど本番が楽しみです(^^)



| | Comments (2) | TrackBack (0)

2006.08.12

故障

そろそろ画像載せたいな、と思ったらデジカメが作動してくれません。
今まで何か故障して修理にきてもらったのに、単なる電池切れとかスイッチ一つ押せばよかったというハズカシイことが何度もあったので、今回はしっかり読みましたよ”取説”。しかし努力虚しく沈黙のデジカメ君。

昔のテレビのようにバンバン!とぶっ叩きたいのをグッとこらえてカスタマーセンターに電話すると「修理に出して下さい」。。。

というわけでしばらく画像はお休みですm(__)m


| | Comments (2) | TrackBack (0)

2006.08.10

ヒートアイランド

「温暖化で日本は亜熱帯になる」というようなTV番組があった。そういうこと聞くといつも椰子の葉ゆれる佐渡が島を空想してしまう。

二毛作になって祭りも増える。芸能はインドネシア系かハワイイ系に変化する。しかしこれは宗教性や宇宙観が伴わない表面の社会現象となるだろうから、そこを批判するレゲエミュージシャンも増えるだろうか。
反面かたくなに温帯時代のノスタルジーを追い求めるグループもいるだろう。

バリヒンズーに影響を受けた”鬼太鼓”とフラに影響受けた”おけさ”は観てみたいな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« July 2006 | Main | September 2006 »