« June 2006 | Main | August 2006 »

2006.07.30

タダシイ夏

佐渡では梅雨明け前からヒグラシが鳴き
夏はどこ?って感じだったので、ここ山口の
ストレートな夏!が快感。

強烈な日差しにアブラゼミの大合唱、湿気を帯びた
緑の匂いと高く抜ける空の青。

「夏休み」の記憶がいろいろ蘇りました。

| | Comments (5) | TrackBack (0)

2006.07.21

ソロライブin江刺

2年ぶり3回目の”どソロ”ライブ。ゲストもなくたった一人で正味1時間30分叩きまくってきました。昔から応援してくれているスタッフやお客さま、初めていらした方々、そして鼓童の演目"獅子踊"の原型であり、僕も大好きな梁川金津流鹿踊のふるさとで演奏者として立てる幸せ。。。

会場となったのは黒壁ガラス館 という普段はガラスの作品が置いてある素敵なお店。作品と机をどけて100人程の客席がありました。この規模の部屋で叩くと、普通は音がこもってしまったり、耳障りな反響があるものです。しかし真ん中に2階への階段があり、天上が吹き抜けているおかげか音の抜けがよく、ちょうどいい残響があってとても気持ちよく叩けました。

手前味噌ですが、今回のお気に入りは鼓童のナンバー”千里馬”。スピード感あふれる5人のアンサンブルの曲をアレンジして一人でやりました。本番の2日前に雨漏りする稽古場で思いついたはいいけど、以外と難しかったのは自分が叩いていない時の他人のパート。もちろん頭に入っているのですが、カラダがそこで止まってしまいます。「えっ?誰の番?!あ、俺か」みたいな(笑)。

アンコールでは、魂の兄弟として契りを交わしたネイティブアメリカンのベニートにもらった太鼓を叩きながら、感謝と祈りを込めて”蒼き風”を唄いお開きとなりました。

〜〜〜      〜〜〜      〜〜〜       

お気に入り番外編

1、地元でつくられている納豆
2、「東北限定 ずんだじゃがりこ」。

鼓童のお土産に買って来た「東北限定 ずんだスナック」は、あっという間になくなって僕は食べられませんでした。まぁ、お土産だからね。仕方ないけどね(-。-;)

| | Comments (5) | TrackBack (0)

2006.07.16

Big なやつ

苦手な方は即スルーしてくださいね。

15年前、このくらいのに右胸刺された翌日
アフリカツアーに出発。
しばらく右半身が痺れていました。

大きさ伝わるかな?
それほど珍しいものではないけど
やっぱりでかい。

Suzumebachi







| | Comments (4) | TrackBack (0)

2006.07.15

雨の日には

Amamori

雨雨雨、、、
そうなると旧稽古場では20個くらいのバケツがフル稼働。

稽古が終わると雨漏りしなさそうな所に楽器を寄せてビニールシートをかぶせておく。ここに一晩置いたバチを握ると水が滲み出てきそうな感触。せめて乾燥用に大きめの扇風機を今日持っていこう。

太鼓の音の合間に聞こえるバケツの底を打つしずくの音。なんの作為も迷いもなく潔い響きだ。数が多いと複雑なリズムになっておもしろい。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2006.07.10

今日は何の日?

さあ皆さん、7月10日 といえば、、、\(^0^)/

| | Comments (4) | TrackBack (0)

2006.07.08

プロとは?

日本初の劇場専属ダンスカンパニーNoismの振付、演出、ダンサーである金森穣さんに鼓童村でワークショップをやっていただいた。5分くらい即興で踊って下さったけど素晴らしかった。何を表現するとかよりも、肉体が既に表現になっているとでも言おうか。

西洋的な動作が主軸にありつつ、特定のジャンルを感じさせず、日本的なテイストも重心の取り方などに見て取れる。新鮮で魅力的、そして表現者としてどこか共感するものを感じた。

彼曰く「プロのダンサーとは、ある特定の型を踊れることではなく、様々な要求に応えた動きを可能にする肉体を持っていること」だとか。

ではプロの太鼓打ちとは。。。???

| | Comments (1) | TrackBack (0)

2006.07.03

徹夜

Ma1_3 

アマテラスの番組編集その2。

朝10時から朝4時まで。

増える難題、減る時間。。。

人と関わってものを創る面白さと難しさ。

テレビの世界の流儀は、舞台と音の表現が主体の僕にとって、正直よく戸惑うことがあります。

逆らわず従わず。

ずいぶんわがままやらせていただいたことでしょう(^_^;)
関係者に感謝多謝です。

Ma2_1

家庭用テレビでも音確認。それは直径数センチの紙(?)スピーカー。直径1メートル以上の牛の皮を揺らす太鼓の「ど〜ん!」の再生は不可能なのはわかりますが、、、そう聞こえるようにする技術が開発されたらノーベル賞あげたいですねぇ。







| | Comments (2) | TrackBack (0)

2006.07.01

ゆるみ系

マリナーズのイチロー選手も6年ほど前から取り組んでいるというトレーニング法を創案した小山先生に縁あってお会いすることができた。

初対面から「竜ちゃん」と呼んでくれる気さくな方。
”ゆるみ系太鼓打ち”にとって役立つヒントを下さいました。

感謝

こうしてパソコンを打つとどうしても肩、首、腰が固まります。

めざせ!

ゆるみ系パソコン打ち

ナニゴトモ ユルミ ユルミ
みなさんもご一緒にどうですか(^^)

| | Comments (4) | TrackBack (0)

« June 2006 | Main | August 2006 »