« April 2006 | Main | June 2006 »

2006.05.28

特許許可局

 雨上がり。

新緑の 森 に響く ホトトギス。

そう思って聞くとそう聴こえますよね。
トッキョキョカキョク。

携帯の着信音と同じなので一瞬探そうとした自分の
バカさを誰かに言いたくなったけど
だ〜れもいない日曜正午の鼓童村。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


秋ツアーの構成案もできたし
午後から貸し切りでたたくのだ!! 

\(^0^)/嬉


あなたはどのタイプ?

鳴かぬなら 食らってしまえ ホトトギス

       単に殺すより実益を兼ねて。グルメ信長タイプ

鳴かぬなら 教えてあげよう ホトトギス
      単に腕づくより自主性を大切に。教育者秀吉タイプ

鳴かぬなら こっちが泣いちゃうぞ ホトトギス
      単に待つより少し積極的に。 泣き落とし家康タイプ

| | Comments (6) | TrackBack (0)

2006.05.24

北の国で

アマテラスツアーを後にし、東京は30度まで気温が上がる、、、との予報から逃れるように北海道へ。さわやかぁぁぁ(^^)

タイトなスケジュールでオホーツクを臨む町まで行き今は佐渡。アマテラス期間で手つかずだった仕事の山脈(!)も片付けましょうかねぇ(^0^;)

Geimori2_1秋に予定している
札幌ミュージックセッションの会場になる芸術の森野外劇場の客席にて取材中。
演出ではなく出演でございますよ。音楽監督もやりますけど。

芝生にたんぽぽ。
裸足にならずには
いられません(^^)
気持ちいい〜!!






Amaterasu
紋別から札幌に戻る道すがら
見渡す限り畑の道沿いにぽつねん
とあり、
思わず車を止めました。

まわりに神社も祠もありません。

そしてこのとなりには
「馬頭観世音」と刻まれたものが。

フシギ。。。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

2006.05.17

一段落

早くも7公演を終えたアマテラス
これまで観客の反応や劇場の響き、照明とのバランス、
湿度による楽器類への影響や出演者の心身のバイオリズムなどを考慮し
変更や修正を重ねて来ました。

玉三郎さんのお客様が鼓童の演奏も喜んで下さるのは
とてもうれしいですねぇ(^^)

それにしても玉三郎さんの日々上がってゆくクオリィティー
には驚きです【☆▽☆】

やっと納得いく型になったところで音楽監督のお役御免。
一旦ツアーを離れます。

| | Comments (5) | TrackBack (0)

2006.05.12

幕開け

お陰さまで無事初日を終えることが出来ました。
やっぱり客席にいるほうがヒヤヒヤドキドキです。

初日にしてはとてもよいできだったなぁ。
これからもっと良くなるでしょう。

明日またガンバロー!!

| | Comments (7) | TrackBack (0)

2006.05.10

いよいよです

やはり劇場リハだと稽古場では気づかないことが膨大に出てきます。今日も変更の嵐!!いくら時間があっても足りませ〜ん(´〜`;)
でもだいぶ整いました。

泣いても笑っても明日が初日。
無事幕が開きますように。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

2006.05.03

終了

3週間に及ぶアマテラス稽古期間。初日からかっとばしていたので最後までカラダが持つかわからなかったけれど、終わってみればあっという間。滑り込みぎりぎりセーフという感じでした。それだけ見たことない鼓童がぎっしり詰まっていますよ。
なかなかの出来だと思います(*^ー^*)v

でもまだ細かい部分の詰めとか道具や衣裳の改良などまだまだ続きます。
そして劇場に入ってからがもう一山。無事に幕が開きますように。。。

Dobashi  Minako

舞台監督の土橋(左)。この人がいないと幕が開きません。

製作の美奈子(右)。衣装管理もやってくれています。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« April 2006 | Main | June 2006 »