« March 2006 | Main | May 2006 »

2006.04.27

大詰め

あっと言う間に2週間が過ぎたアマテラス稽古。残す所あと4日間です。

役をやり、役の中で演奏が主になったり伴奏や情景描写になったり。
音楽も同時に創りながら登退場や立ち位置、道具転換のタイミングや速度など舞台空間で起こるすべてがストーリーと矛盾しないように。そしてデフォルメと簡略化を繰り返しながらゼロから作り上げるのには、時間がかかるものですね。

8割できた、という感じ。
これから追い込んでねじ込んで大詰めなのだ ( >人< )

| | Comments (3) | TrackBack (0)

2006.04.23

幽玄のヒミツ

玉三郎さんの舞台はカーテンコールが美しく、気持ちがこもっていて、それだけでも来て良かったといつも思わされます。

その日の役どころを崩さず、役者として、一人の人間として観客に向き合って感謝の気持ちを表している。そんなふうに感じていました。

それは「演技がうまくできました」でも、「精一杯やりました」でも決して見ることはできない世界。なんとも心地よく心に残る風景です。

昨日の稽古後のお話で何故そう感じるのかわかりました。
「やっぱりそう考えていたのかぁ」と、しきりに共感。
そこに舞台という夢の空間を創る側の企業秘密(?)があるのです。
でも、だからナイショ。ゴメンナサイ(^_^;)

う〜む、胸に染み入る言葉でした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.04.19

ツーショット

先日の読売新聞に掲載された記事が
読売のhp にありました。

写真もありますよ。しかも新聞はモノクロだけど、
こちらはカラー。お気に入りの鼓童ピンク長Tが
映えてます(^^)

| | Comments (3) | TrackBack (0)

2006.04.18

深夜

日付が変わった鼓童村事務所。さすがに太鼓の音もなく静まり返っています。
アマテラスのパンフ用原稿の直しが終わったので、ちょっと息抜き。

リハの方は今日もだいぶつくり替えたけど、まだまだだなぁ〜。
6割くらいの出来かな。ここから仕上げにかかれる程度までの練り込みが一番辛く、そして大切な時期。ここでしっかりやっておかないと、ろくな仕上がりになりません。

がんばって乗り越えよう\(^0^)/

そういえば、「ぴあ」4/20号に玉三郎さんのインタビュー記事が載っています。アマテラスのことにも触れているのでどうぞ御覧下さい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.04.15

大航海

行き先と目的をはっきり決めてから旅をする。逆に旅をしながら今ここにいる目的を知る。前者の方が賢そうだけど、後者のように一見無目的でもそこに着いたら実は目的通りに動いていた、、、ということもあります。直感と思考の間をゆらゆらと行き来していずれ魂の目的を知るのでしょうか。

アマテラス稽古は3日目。毎瞬変わり続けています。いったいどんな舞台になるのか、無目的の旅をしているようです。ただ目的地に立ったときの感情のようなものは始めからあるのです。それを羅針盤にして、いろいろな思いを持つ20数名が乗り込む船を大海原でナビしているような気分です。まぁ、舞台創りのときはいつもそうなんですけどね。

とにかく明日も直感&思考フル回転。カラダが持ちますように、、、イザナギ&イザナミさん、パワーを下さい〜(^_^;)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2006.04.13

いきなり佳境

アマテラスの集中稽古が始まりました。まだ2日目なのにかなりかっ飛ばしていて、もう一週間くらいやっているような感覚です。

さて、明日朝、NHK総合「生活ほっとモーニング」に玉三郎さんが出演します。
4月15日より公開の「シネマ歌舞伎」、そして番組後半には映像を交え「アマテラス」が紹介されます。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
4月14日(金)午前8:35〜9:25
NHK総合「生活ほっとモーニング」「この人にトキメキっ!」

・映画で魅せる歌舞伎・玉三郎の美「シネマ歌舞伎」
・歌舞伎世界の魅力案内
・人間・玉三郎
・最新の挑戦「アマテラス」with 鼓童

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

是非御覧下さいm(__)m

| | Comments (1) | TrackBack (0)

2006.04.02

ベネズエラ

1988年、南米を巡った旅は僕にとって
強く印象に残り、自分の音楽にも影響を
受けました。

そこで出会った音楽を是非日本に紹介し
コラボしてみたいと思い、トリニダードから
スチールドラムのレネゲイズ 、ベネズエラから
コスタカリベ をECに呼んだのです。

プライベートを含め旅した35カ国中で「一番好きな国は?」
と聞かれればベネズエラと答えます。

そのベネズエラでお世話になった石橋純さんの新著
『太鼓歌に耳をかせ』の出版を記念して講演会
4月14日に開かれます。

ベネズエラの文化・社会・政治のお話しと、
石橋さんの監督・制作によるカリブ海岸のカーニバル
映像作品、アフロ系太鼓歌(→これたまらなく好きです
のCDプレイバックもあるとか。


日本では一般にほとんどベネズエラの情報はありません。
是非この機会に音楽をはじめとする豊かで力強い文化
に触れてみて下さい!

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2006.04.01

忘れた頃にお知らせ

Bachi2_1

ご紹介するのをすっっっかり忘れていました。。。

津軽三味線・太鼓マガジン「バチ2 bachi-bachi 2月号」
(邦楽ジャーナル)に記事が載っています。

”知ってトクする演奏家のためのお役立ち集”という
小さなコーナーで簡単な体操を3つほど紹介しています。

紙面の都合上、十分な説明はできていませんが
ご興味のある方はどうぞ。

(写真で動き方わかるかなぁ???)





 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« March 2006 | Main | May 2006 »