« 発熱 | Main | 再会 »

2005.12.04

闇にくつろぐ

考え事してたらもう丑三つ時。
タイミングをはずしてしまい眠れません。

外は、縦横無尽に風神さんが大暴れ。
葉をかすり枝を切り、波を立てる。

いい音。。。

月がなく風が強いこんな夜、
素浜(全長4kmの佐渡の砂浜)へ行くと
本当に怖い。

海はもちろん白波さえ見えない。
無限の闇に吸い込まれそうで思わず足がすくみます。

そこでじっとしてると「何かが怖い」というより
怖がっている自分が見えて、だんだんそれが
愛おしくなってくる。

すると落ち着いた気分になって恐怖も、些末な考え事も
いつのまにか消えてしまっているのです。

でも今日はやめとこ。
病み上がりだし(^^ゞ

|

« 発熱 | Main | 再会 »

Comments

はじめまして。
夜にふらっと出て行くと、静かで冷たくて、風がいろんなものを洗っていってくれますよね。
闇の中で自分が独りだということを、とても気持ちよく感じることが出来るような気がします。

実際は多くの人に支えてもらって成っている私ですけれど。(^^;)

Posted by: なる | 2005.12.05 at 01:20 AM

それはすとんと抜けて地に落ちた(=落ち着いた)って感じ?夜の海は、昼の感じとは違って一言ではいえない、怖いような吸い込まれるようなゾクゾクするような形容しがたいものですね・・・話変わりますが、今年は夏から秋への移ろいが明確で、紅葉がそれは見事。ここ数年中途半端なあったかさ、さむさで木々が戸惑って色づく前に落葉したりしてたけど、今年は明確でした。だから安心して紅に黄に染まってて。そんな木々を見るとこっちも安心って感じ。

Posted by: 湯流湯流海月 | 2005.12.07 at 11:42 PM

「闇」という字
暗いさまを思い出すと一瞬怖くなりますが、
「闇」という字を見ていたら、
「門」のなかに「音」という字が見えて
ちょっと怖さが消えました。
両方の手で「音」を包んでいるような象形。
そう思ったら「闇」という字が
なんだか愛おしく感じられまひた。
暗いところが苦手な甥っ子に、今度話してみようっと。

Posted by: nori | 2005.12.09 at 03:18 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39933/7453926

Listed below are links to weblogs that reference 闇にくつろぐ:

« 発熱 | Main | 再会 »