« Beat kids | Main | ジュラシックコード »

2005.06.15

対談×鶴田真由

鶴田真由さんのサイトに対談の記事
アップされました。

なかなか深いツッコミをしてくれるので、
話甲斐があって楽しかったです。


|

« Beat kids | Main | ジュラシックコード »

Comments

とても興味深い内容でした!
ココロと体が繋がっている感覚が鼓童のコンサートを見ているときなんですよね。体も気持ち良いんだけど、何かこう魂が喜んでいる、躍動しているみたいな。そして宇宙に溶け込んでいるような・・・なので、鼓童のコンサートは目で見て、耳で聴くというよりも魂で感じる、みたいな。色で言うと透明?ですかね。ちょっとスピリュアル過ぎますか。でも、どれだけ感じれるかって言うことなんじゃないでしょうか。

Posted by: rumi | 2005.06.15 at 12:34 PM

最近太鼓を打つとき、強い音が出せるようになりました。ただ、時々、鞭を打つような「ペシンッ」という音になっていて、自分では強い音がでたなと思う反面、痛そうだなとも感じていました。もっと、「ストンッ」と気持ちの良い音がだせるようになりたいです。体と心をゆるーくして覇気のあるすっきりした音がだせるようになりたいと思いました。実は草むしりをしていて、生まれて初めてのぎっくり腰になってしまいました。それで、バランスセラピーをしてもらい、かなりバランスを崩していたことがわかりました。
そして、今日シャベログでこの記事を読み、とてもためになりました。ちなみに、最近で恥ずかしいのですが、ガソリンを排気ガスの出ない?ハイオクにかえました。すると、高いので
無駄に運転することがなくなりました。これからはガソリンスタンドでハイオク以外を売らないようにすれば病気も減り、きれいな空気になるのでは、と思いました。長くなりましたが読んでいただいてありがとうございました。

Posted by: かんて まんひーら | 2005.06.15 at 08:56 PM

もう、いろんな事を書きたくて書きたくて!なんですが、終わらないと思うので・・・。

私が竜太郎さんを好きなのは、対談にあるような事一切を竜太郎さんの引き出す音の中に感じ取れるからなんですね。

くわえてこのしゃべログ全体からにじみ出る表現との距離感が好きです。
(特に 「独りで凍てつくガランとした稽古場に音が消え行くまで眺め余韻を味わうのは至福・・」 のくだりなんぞはサイコっす!)

“言葉”も“音”もただの入れ物、何を入れるかが私にとって重要で、その先に伝え合う“私”と“あなた(私も含めた世界)”がいる事実、もう手段だけでは満足出来ないんです。
演奏してても、演奏を聴いてても。

いろんなプロ奏者がいる中で唯一、一緒に叩いて欲しい人、です。もちろん夢で(^す^)!!

結局、長く&まとまらない文章でした!!

Posted by: じっちゃん | 2005.06.16 at 07:40 PM

それぞれの道を追求している2人の対談、本当に奥が深く、何度も読ませて頂きました。 この対談のキーワード・・・ココロ、からだ、緩み、呼吸、そして”気”・・・ここ数年の私の課題が盛りだくさん。「ゆるみ」を追求していると、自分の体やココロは私の一部だけど、私の思う様にならず、それぞれが意志を持っている様に、私は感じます。でも、そこに”気”が介入すると、それがひとつに重なってくる様に思えるのです。この間、『深~い長~いゆっくりとした呼吸は、脳内ホルモンを分泌する』なんて研究報告がありましたが、呼吸は大切。絶対ゆるめない大ピンチも、ひと呼吸おくと、あがかなくても、ゆるゆると自ずと道が開かれる・・みたい。
まだまだはかりしれませんが、さしずめ私の今の課題は『感じる』です。同じ事でも、様々なファクターによって、違ってくるので、面白くて。
「ゆるみ」が自分のニュートラルポジションになりたい♪

Posted by: さみぃ ちゃん | 2005.06.21 at 11:46 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39933/4559571

Listed below are links to weblogs that reference 対談×鶴田真由:

« Beat kids | Main | ジュラシックコード »