« 祭る島〜北川内〜 | Main | 祭る島〜金井〜 »

2005.04.23

祭る島〜南片辺〜

katabenooni boutokatana

*写真をクリック!
リズムや奏法、舞い方、門付の組み立て方が
独特な南片辺の鬼太鼓。
鬼が門付し次へ移動したところで
棒、薙刀、刀の演武のようなことをする。

kodomoto baa tatujinwaza

子供もお年寄りも皆、楽しんでそして真剣に祭りに参加している。
過疎化が著しい外海府にあって珍しく活気がある所だ。

「うまい人のを観てまねしてやる」という元気な小学生の女の子。
棒の型を指導する”じい”。それを真剣に受け止める中学生。
にこやかに、静かに見守るシャイな”ばあ”。
彼女たちは、太平洋戦争のころ男手不足で祭りが
廃れそうになったとき、女だけで鬼太鼓をやって守って
来たという筋金入りの世代だ。

芸能を通して皆がパワーを再生させ、
互いの繋がりを深める。そして古老から青年、子供へと先人から
の知恵や価値観を受け継いでゆく。
規模は小さくとも理想的なムラとマツリの原風景を観ることができ、
たくさん元気をもらい明るい気持ちになりました\(^0^)/

|

« 祭る島〜北川内〜 | Main | 祭る島〜金井〜 »

Comments

嗚呼!
親から子へ、子から孫へと伝わる祭りの芸術。
それぞれの舞いに意味があるのでしょうね。
佐渡にこれ程いろいろ鬼太鼓があるとは想像していま
せんでした。感激です。紹介してくださりありがとう
ございます。

Posted by: のりこ | 2005.04.25 at 12:50 PM

同じ町内の盆踊りひとつをとってみても、村々、地区地区で、ちょっとずつ違う。
理由は地理が関係していたり、産業が関係していたり。
街道沿いで人の往来があったり、出稼ぎなどで都会の文化が少しずつ伝えられたり。
昔は、文化は人が歩くスピードで、変わっていったんだなあと。
ああ、散歩がしたいい!!

Posted by: レオン | 2005.04.25 at 06:00 PM

佐渡は今、祭りの季節なんですね。
新緑とともに息吹く島の姿が見えます。

Posted by: K-BEAT HARA | 2005.04.25 at 07:42 PM

りゅうたろさんと、“シャイなばあ”
サマたちが並ぶ写真は、大変趣きがあります(笑)。

Posted by: 遊鼓 | 2005.04.26 at 03:06 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39933/3817451

Listed below are links to weblogs that reference 祭る島〜南片辺〜:

« 祭る島〜北川内〜 | Main | 祭る島〜金井〜 »