« 祭る島〜柿野浦〜 | Main | 卯月みそか »

2005.04.28

祭る島・春

6回シリーズの「祭る島」。
いかがでしたでしょうか。

このレポートの祭りは4月15日に
行われているもののほんの一部です。

過疎化が進む集落単位の祭りなので、観光客が
何十万人も集まる祭りとは全く趣きが違います。

山桜、うぐいす、天空の鳶。山を背景にあぜ道を行く
門付の鬼や獅子。タイムスリップしたような。。。

最後の宮入りでは裸電球の薄暗い明かりの中、最後の
力を振り絞って踊る鬼。囃す村人。呼応する木遣り唄。
ものすごいエネルギー。エクスタシーです(^^)

芸能も素敵。誇りを持って受け継いでいる
村の人々もとても素敵です。

祭る島の春。
そろそろ桜が散り始めます。





|

« 祭る島〜柿野浦〜 | Main | 卯月みそか »

Comments

村の祭りが、その華やかさだけを取り上げて集客や観光に向いてしまうのは、ちょっと悲しいな~と思っています。

祭りの本質は、音だけとか踊りだけとかじゃなくて、「祭り」そのものなんですね。風土と人が作るんだなあ。

Posted by: レオン | 2005.04.28 at 07:21 AM

ビシバシ感じました。

お年寄りや不良(佐渡はどうなのかな?)が、バリバリでお祭りの主役でいる小さなお祭りが好きですね。
観光化された祭りってそいいう所を排除したがってるように感じます。
それなりに好きですけど、しみじみ感も足りないかな、お祭りにはそれがないと。

トボトボとトボトボと・・・

Posted by: じっちゃん | 2005.04.28 at 12:57 PM

祭る島。良いものを見せて頂きました。満悦です。
この土地ならではの祭りがこのまま静かに受け継がれ
ますように。。。
           多謝

Posted by: のりこ | 2005.04.28 at 12:58 PM

佐渡春の祭りめぐり堪能しました!

Posted by: K-BEAT HARA | 2005.04.30 at 08:04 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39933/3890775

Listed below are links to weblogs that reference 祭る島・春:

« 祭る島〜柿野浦〜 | Main | 卯月みそか »