« 以心電信 | Main | ただ知れ »

2005.03.11

さよなら、てるりんさん

10年くらい前、りんけんバンドのリーダー照屋林賢さんのお父様、
照屋林助さん(通称”てるりん”)を訪ねたことがある。

多分60代の世代にパソコンは普及していなかった当時
(僕はワープロさえやったことがなかった)、「今これがおもしろいんだ」
といって嬉々としていじっていらした。

僕が何を話したのか忘れたが別れ際に
「新しい話が聞けた。ありがとう。」といって下さった。
本当に頭が柔軟で行動力があって謙虚な方だな、
といたく感心したのを覚えている。

独自の文化と異文化をチャンプルーさせた沖縄の素晴らしいアーティストが
続々登場しているが、てるりんさんこそ草分けではないだろうか。

「終戦後の沖縄は沢山人が殺されて生き残った人も
みんなふさいでいた。でもこういうときこそ笑いが必要だ
と思って芸をしていたんだよ。」と話して下さった。
筋金入りで、愛情深い方だった。

今頃あの世にいる人たちを笑かしていることでしょう。
心よりご冥福をお祈りいたします。
合掌。

り◇

|

« 以心電信 | Main | ただ知れ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39933/3256459

Listed below are links to weblogs that reference さよなら、てるりんさん:

« 以心電信 | Main | ただ知れ »