« 仕事初め | Main | 芸術はバクハツだ!! »

2005.01.13

フクザツ ナ シンキョウ

研修生2年生の最終発表会。
今までで一番多く稽古をつける機会があった彼らの演奏。
最初のころを思うとその成長ぶりに、いつもにまして感無量です。

しかし選考には情に流されず数年後のことも視野に入れた
冷静さを持たなければなりません。

いつもこの時期はフクザツです。

り◇

|

« 仕事初め | Main | 芸術はバクハツだ!! »

Comments

2年生のみなさんは、「鼓童」通信だけでなく、地元テレビで紹介されたことや、昨年のECで言葉をかわしたこともあって、全員の顔と名前が一致するほど、身近に感じていました。しかも、女性二人は、わたしの地元県出身です。
選抜の結果はどうであれ、いずれも素敵な若者ばかりだな、と心から思ってます。どこへ行っても、確かな歩みで人生を切り開くことができることでしょう。

Posted by: Saburo AIDA | 2005.01.13 at 09:34 PM

数年後かぁ~、鼓童から出て行く人って多いですもんね。しかもその方たちのプロフィールを見ると“鼓童に参加”とあったりして・・
参加って?って思うのは私だけでしょうか?
“力”の太鼓の権化(?)でもあった鼓童にあって、その中で“力”の太鼓がどのように枯れていくのかに興味を持っています。研修生の皆さんにはぜひとも鼓童の舞台の上で齢を重ねていってもらいたいなぁ・・

Posted by: じっちゃん | 2005.01.16 at 06:02 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39933/2556252

Listed below are links to weblogs that reference フクザツ ナ シンキョウ:

« 仕事初め | Main | 芸術はバクハツだ!! »