Main | July 2004 »

2004.06.30

アラビック

接着のり「アラビックヤマト」について、お二人の方からレスあり。ありがとぉ。「やまとのり」の公式サイトにそれはある、とのことでさっそく覗くと「アラビックのりについてよくある質問Q&A」だとさ。聞く人いるんだね〜。もちろんネーミングの由来もあった。興味のある方(いないか)はどうぞ。
http://www.yamato.co.jp/item/arabicyamato/arabicyamato-r2.html
ちなみにスポンジと高い接着力ののりとのバランスは難しい技術が必要とのこと。何気ないところにきっと色んなこだわりが詰まっているんだろうな。表現者魂と着かず離れずの技術者魂が反応して、音大工で販売しているチャッパを開発したときのことを思い出す。う〜む、プロジェクトXでやって欲しい。「やまとの奇跡〜アラビックの真実〜」り◇6/30朝

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.06.29

散歩

今日は午後から研修所で指導。しかし研修所のちょっと手前で土砂くずれがあって通行止め。海沿いの斜面はかなり上から崩れ、根こそぎやられた松や大きな岩が波に洗われている。 小木の鼓童村から通常は1時間の道のりだが、両津港まわりで2時間弱。3時間の稽古に往復4時間の移動だ。早めに着いたのでちょっとお散歩。未舗装の農道を行き、緑のトンネルを抜けると田んぼの向こう、霞みのかかった林をバックに紫陽花が鮮やかだ。雨上がりの空気に響く鳥やカエルの声を楽しみながらゆっくり歩く。一際おおきな松に誘われてしばしハグ。キモチイイ〜。パソコンや車の振動で乱れた気がみるみる整ってゆく。っと霧の向こうから太鼓の音…( ̄▽ ̄;)…あら、遅刻しちゃいました。り◇6/28 23:13

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.06.28

お買い物

佐和田のホームセンター634(ムサシと読む)でお買い物。
洗濯洗剤、ポストイット、接着のりなど。無添加で分解しやすい洗濯洗剤は、ピンクのかわいいパッケージ。arau.(あらう)という微妙に笑っちゃったネーミング。「除臭せいけつ成分配合」??ラベンダーとスペアミントのことらしい…。僕は粉タイプだと洗濯槽に入れたあと必ずくしゃみをするから息を止めてやってた。それがいやなので最近液状タイプ派になった。液状といえば接着のりも液状。むかし小学校の図画工作で使っていたのは、チューブで押し出すジェル状の「ヤマトのり」。今日買ったのは「アラビックヤマト」と書いてある。なんでアラビック??誰か教えてー。ポストイットはお仕事モードでもプライベートでも大活躍。企画のアイディアやコンセプトメーキングは紙に落書き状態で書いた方がいいけど、プロセスマネージメントとか演出するときのプログラム構成では簡単に並べ変えられるし、ばらけない。いくつもの仕事がいつも同時進行して頭で覚え切れないから、そのときの閃きで並べたものをコピーすればそのまま記録にできる。「そんなことコンピューターでやれば」なんて言わないで。「張り替える」というカラダの動きが意外と自由な発想を喚起たりする(と感じるは僕だけか?)。to doリストも1枚1件、終わったものはどんどん削除、そしてお買い物リストも思い付いた順に書き出して、売ってる店ごとに後で並べ変える。ホームセンターまで往復1時間半、行く機会もなかなか作れないので買い忘れると結構へこむ。アナログ系人間が効率良くやるのにとってもいいのよ。お勧めでーす。り◇6/27 24:05

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.06.27

上書き御免

今「うさとの服」のこと更新したら、更新の日付けが26日になっているからおかしいと思っていた。そしたらなんと一つ前の「雨とカルマ」が消えているではないか(ToT)これって上書きってこと?え〜んどしたらいいんだ。機械オンチ、方向オンチだっつーのに。あ〜神様それなら僕のカルマも一緒に消しといてね。ってこれが上書きにならないことを祈りつつ。り◇6/2710:47

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.06.26

うさとの服

宿根木にあるお宿「花の木」ではたまにコンサートが開かれる。僕もAguri、リアム・オ・メンリー(アイルランドのロックバンド”ホットハウスフラワーズ”ヴォーカル)とのジョイントをはじめ、ショーロクラブ、藤舎名生さん(能管、篠笛)のゲストとして出演している。今日はここでやっている「うさとの服展」に行ってみた。タイの伝統技法で素材から紡ぎ、撚り、草木で染めて手織りをする。そうして出来た布からシンプルで個性的にデザインされた服。目の荒い麻のジャケットを試着した瞬間、柔らかな着心地となんともいえない暖かさ(温度じゃなくて)を感じた。これは作った人の気持だな、きっと。毎日こういう服を着ていたらイイ人になれそうな気がしちゃいます。り◇6/25 うさとジャパンhttp://www.usato.jp/

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.06.24

2004年上半期

ウェブログ、もっと早く始めたかったんですけどね。
今年に入って旅が多く、なかなか進みませんでした。で、もう今年もほぼ半分過ぎてしまったので、上半期の主なことを簡単に書いておきましょう。

◎1月、坂東玉三郎演出”鼓童ワンアーススペシャル”のCD,DVD、TV番組用の編集で連日スタジオ缶詰め生活。
重低音の大太鼓や巴を何回聞いただろう。終いには低音酔いというか「低音」という感覚が麻痺。20分の「佐渡へ」は集中力ぶちきれ寸前。編集も最後は体力勝負なのだ!!でもまぁ陽が昇るころには毎日床につけたのでよしとしよう。

◎カレーは右手で、用を足した後の処理は左手で…左右のツメの間が黄色くなった(ウソ)2月のインド、プライベートの旅。やっぱりディープなお国であります。

◎インドから帰国して1週間後にはUSA。3月の西海岸を11回/13日という強行スケジュールで走り抜けた、初のワークショップのみでのツアー。でもみんな熱心なのでつい色々教えたくなっちゃうのよね。リクエストがあったところには、チャッパと担ぎ桶太鼓のワークもやりました(実はこれやったの初めて)。

◎4月は鼓童メンバーにじっくりと基本&応用稽古。舞台で芽が出て花が咲く日を夢みてます。

◎そ〜してそして5月はチベット。見るもの聞くもの食べるもの嗅ぐもの初体験の毎日(@_@)。標高5,200mも初体験。普通に歩いて息があがっちゃいます。インドとはまたちがったディープなお国です。

◎合間にCD,DVDのプロモーションをいーっぱいやりました。女性ファッション雑誌「メイプル」7月号(まだ書店にあるかな?)には玉さまと2ショットで載ってますよ。

…なんかいっぱい書いたな。本日はOpen記念サービスということで。

り◇

| | Comments (0) | TrackBack (0)

本日Open!!

待望のウェブログ”Ryu-changのシャベログ”Openで〜す。鼓童の舞台に出てないけど、Ryu-changはちゃんと生きてますよ(^o^)/~~と存在アピールしとかなきゃと思いまして。といっても大上段に構えず、気楽に雑感をしたためようってなものです。まぁ、みなさんの人生のためになるようなものじゃないでしょうし、かといってトリビアのように『へ〜』というものでもないでしょう。ティータイムで雑談する気分で立ち寄っていただけたらうれしいです。さてさて、どのくらいのペースで更新できるかなぁ〜。 り◇

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Main | July 2004 »