2017.07.16

魂から感謝のオコトバ?

 

「思えば10代、20代は

 

     肉体を酷使していたよな」

 

 

「ホントゴメンね。。。

 

      魂さんに申し訳ない。」

 

 

 

横になって瞑想しながら

 

そんな思いが

 

浮かんできました。

 

 

 

***

 

 

高校3年間、吹奏楽部で 

 

トランペットをやっていて

全国大会 初出場で 金賞を

いただくほどに 日夜練習。

 

 

 

新聞の朝刊配達 しながら

 

だし、

夜遊びも

 

しなくちゃ

だし、

 

授業中に熟眠しても

 

寝たりなかった(笑)。

 

 

***


高校卒業後は 青果市場の

 

アルバイトに 始発電車で出勤。


帰宅は 3つ掛け持ちしていた

バンドの練習が 

 

遠方のスタジオ だったため

 

週の半分はほぼ終電。

 

睡眠不足に加えて

食生活なんて お金もないし

めっちゃくちゃ。

 


市場でもらってきた

売り物には出来ない(でも充分食べられる)

キュウリを かじっていたり

ウィスキー と チョコレートとか。

 

 

 

その上

 

ドラムのスティックが 折れたり

 

ヘッドが 破けると

 

新しく買い換え

 

なければなりません。

 

叫び

 

 

となると 削れるのは 

 

そう、食費のみ。汗

 

 

 

「あ〜、またしばらくキュウリだ。」

 

ダウンダウンダウン

 

 

 

いつも眠くて

 

立ちながら 寝ていたり、

 

 

歩きながら 意識が飛んで

 

「膝カックン」のように

 

なったり、

 

 

食事中で 噛んでる途中なのに

 

寝落ちしてたり。。。

 

 

 

 

このころは 

 

睡眠不足 と 栄養不足で

 

いっつもフラフラしてたな〜

 

ドクロ

 

 

***

 

 

 

 

和太鼓を はじめてからは

 

ご飯は 三食しっかり食べられる

 

環境。

 

 

これはまさに パラダイスドキドキ

 

 

 

でも

 

毎朝10Kmランニング

 

ガッツガツに 体力系な

 

稽古 や 筋トレ 三昧。

 

 

「自分の限界に挑戦!」的な

 

若気の至り で

 

相当 カラダを 痛めつけて

 

おりました。

 

 

 

その後 

 

脱力による打法を

 

模索し始めるも

 

闇雲な 試行錯誤や

 

あれやこれや の 精神的ダメージも 

 

加わり 今も 影響が 

 

残るような 

 

故障もしました。爆弾

 

 

 

おかげで 

 

脱力が パワーになる 

 

ゆるみ打法(文末に動画あります)

 

をつくることが できたわけですが。

 

 

 

 

そんな感じで

 

20代後半までは

 

めちゃくちゃな 

 

酷使をしていました。

 

 

 

***

 

話しを戻すと、、、

 

 

「ホントゴメンね。。。

 

 

    魂さんに申し訳ない。」

 


とか思っていたら、、、

 

久しぶりに

体外離脱 して 

 

寝ている自分を

見下ろしている。

 


ちょっと違うのは

 

寝ている自分を 

 

見ている自分のその姿

 

も 見えて

 

いたところ。

 

 

 

それは透明な球体で

魂の意識らしい。

 

 

 

「魂さん申し訳ない」

という思いに対して


魂さんの アンサー。

 

 


「そんなことありません。

いつもあなたが肉体で

経験してくれる

どんなことにも

 

感謝しています。

いつもいつもあなたに

ありがとうしか 

 

送っていませんよ。



なんて 泣ける ことを

 

語りかけてるでは

 

ありませんか。

 

 

 

じぃ〜〜ん。。。

 

 

うるうる。。。

 

 

***

 

 

いつまで この肉体を

 

使えるか わからないけれど

 

ますます 大切に 

 

愛して

 

使わせて いただこう

 

と、 気持ちを 新たに

 

したのでした。

 

 

***

 

 

それにしても

 

透明な球体である

 

魂の自分を

 

見ていた自分は

 

どちら様でしょう !?

 

 

***

 

 

| | Comments (0)

«新月の日の夢